進研ゼミの口コミ・評判は悪い?小学講座を3年間受講した感想と評価

進研ゼミの評判・口コミ

小学生向けの通信教育はたくさんありますが、なかでも特に人気があるのがベネッセの進研ゼミ小学講座。その進研ゼミの良い口コミ(評判)と悪い口コミ(評判)、実際に受講してみてわかったメリット・デメリットをご紹介します。

我が家での子どもは、幼稚園から中学生まで通信教育を受講しており、幼稚園の年中まではこどもちゃれんじ、年長から小学生3年生までは、進研ゼミ小学講座を受講していました。

小学4年生からZ会に変更しましたが、我が家での受講した経験を踏まえ、こどもちゃれんじと進研ゼミ小学講座の評判・口コミをご紹介します。

目次

進研ゼミの口コミ(評判)は悪い?

進研ゼミの口コミ(評判)ではどのような意見が多いか、実際に受講した家庭での良い感想・悪い感想を見ていきましょう。

進研ゼミの悪い口コミ(評判)

まずは初めに進研ゼミについての悪い口コミ(評判)ですが、わが家では二人の子どもが小学講座を受講し、その後、Z会に変更したこともあり、進研ゼミのメリット・デメリットが分かりました。

ただ、これはあくまでわが子にとってのメリット・デメリットであり、通信教育各社にはそれぞれ特徴があって、向き不向きは非常にあると思います。

そのため、まずは口コミ(評判)をよく観察したうえで、自分の子どもに向いている教材かどうかを見極めるのが大事なのだと思います。

とはいえ、実際に受講してみないと分からないことも多いと思いますので、まずは 資料請求で無料の体験教材を試してみるのがおすすめです!

それでは、進研ゼミの悪い口コミ(評判)にはどういったものがあるのか見てみましょう。

進研ゼミの悪い口コミ(評判)
  • 勉強ができる子どもにはもの足りない
  • 付録たまっていく
  • 続かない

勉強ができる子どもにはもの足りない

進研ゼミには、進研ゼミ小学講座(チャレンジ/チャレンジタッチ)、中学講座、高校講座とありますが、特に小学講座や中学講座では、勉強ができる子にとっては簡単すぎるという口コミ(評判)をよく見かけます。

わが家の二人の子どもは進研ゼミを受講しましたが、上の子は勉強ができる方であったため、もの足りなさを感じZ会に変更しました。

しかし、あまり勉強が得意ではない下の子は進研ゼミでも十分でした、Z会に変更もしましたが、Z会は難しすぎて早々に挫折してしまいましたから、進研ゼミがちょうど良かったのかもしれません。

進研ゼミが簡単すぎるとか、もの足りないとかは、あくまで受講する子ども次第で評価は変わってきます。通信教育選びで失敗しないためにも、 資料請求してもらえる無料の体験教材をやってみるのはおすすめです。

付録たまっていく

進研ゼミ小学講座は昔から付録が多いというのがよく見かける口コミ(評判)です。パパ・ママ世代が子どもの頃、この付録が目的で進研ゼミをおねだりした方も多いのでは無いでしょうか。

進研ゼミ小学講座のタブレット学習であるチャレンジタッチでは付録の数は少ないものの、ゼロというわけではありません。付録が嫌でスマイルゼミを選ぶ方もいるようです。

付録が多いのは進研ゼミ小学講座の特徴の一つですが、家庭での勉強を難しくさせ過ぎず、マンガやキャラクター、付録の電子教材などで楽しく勉強ができるように工夫をしています。

小学校低学年で、まだ家庭での学習習慣が身に付いていないようであれば、勉強のハードルを下げて、付録で楽しみながら勉強に取り組むことができるので、そういった子どもにはおすすめの通信教育です。

続かない

進研ゼミが続かないというのは、悪い口コミ(評判)としてよく見聞きするものですが、これは進研ゼミに関わらず通信教育全般に言えることです。

進研ゼミのような通信教育の場合、塾や家庭教師といった他の学習方法とは異なり、強制力がなく自分で勉強に取り組まなければいけないためです。

わが家でも下の子は通信教育を幼稚園の頃から小学4年生まで続けましたが、これは親のサポートがあってこそのもので、毎日、口を酸っぱくして進研ゼミをやるように声掛けをした結果です。

それででもなお、継続するのは難しいものがあっため、小学5年生からは通信教育をやめて塾に通わせることにしました。

上記のSNSでの口コミにもあるように、紙のテキスト教材では続かないため、チャレンジタッチにするというのも進研ゼミを続ける工夫の一つかもしれませんね。

進研ゼミの良い口コミ(評判)

続いて進研ゼミの良い口コミ(評判)をご紹介します。

SNSでは、実は悪い口コミ(評判)よりも良い口コミ(評判)の方が圧倒的に多く、わが家の二人の子どもの受講経験も踏まえてご紹介します。

進研ゼミの悪い口コミ(評判)
  • 家庭学習の習慣化にちょうど良い教材
  • 受講費用が安い
  • 学年を超えた英語4技能が追加料金なしで学べる

家庭学習の習慣化にちょうど良い教材

こどもちゃれんじも、進研ゼミ小学講座も良かったぞ。何が良かったかって、良問を毎日10分くらいで毎日解き続けられた事だ。イコール毎日机に向かうのが習慣づいたし、分かるが楽しい事も教えてくれた。教材溜めてしまう子はあれだ、軌道に乗るまで親も一緒にやってやれとしか言えない

twitter.com @koiiajii

進研ゼミデビュー
チャレンジタッチタブレット!
元々勉強に興味がない長男の為にタブレットならっと思い始めたのが大正解!!!
楽しそうにひらがな書いたり、問題に答えたり
一気に興味が出てきていい感じ
ただまだ全然読めないから問題をコラッショが読んでくれるけど
答えが選択だと選択項目までは読んでくれないから
めっちゃ「どっち??」って聞いてくる
答え言わずにヒント上げるのが難しいわー
そこの対応ベネッセさん改善してー
それでも学習に対しても興味が出てくれて良かった!

www.instagram.com

通信教育でも特に小学生向けの教材は多数ありますが、進研ゼミ小学講座(チャレンジ/チャレンジタッチ)の難易度は高くないため、小学生、なかでも低学年には家庭での学習習慣を身に付けるにはちょうど良いレベルです。

わが家の子どもは進研ゼミで家庭での学習習慣を身に付けたと言っても過言ではありません。上の子は最終的に中学生になっても塾にも通わず、通信教育だけで無事、偏差値70以上の高校に合格することができました。

今思うと、小学生低学年で身に付けた家庭の学習習慣は、中学生・高校生になっても役に立つ最強するキルの一つと言っていいかもしれません。

高校生になっても何も言わなくても自宅で毎日何時間も勉強に取り組んでいて、親である私も感心するばかりです。

悪い口コミでもありましたが、進研ゼミ小学講座は付録が多く、マンガやキャラクターなので勉強を親しみやすくする工夫がされており、勉強が苦手な子どもでも取り組みやすい教材です。

受講費用が安い

通信教育は、塾や家庭教師などと比べると圧倒的に費用が安くて済むのがメリットの一つです。通信教育各社でもちろん受講料金の差はありますが、中でも進研ゼミ(チャレンジ)は安い部類に入ります。

通信教育は継続することで学習習慣が身に付きますので、短期的な契約ではあまり効果が表れにくいです。

続けるということはどうしても料金は積みあがってしまいますが、一括払いにすることで単月契約に比べると月単位の費用は安くなりお得です。

小学校低学年だからまだ家庭学習は不要と考えておられる方もいますが、考え方としては逆で、低学年だからこそ勉強の敷居は低く、通信教育を使って勉強の習慣化を身に付けることができます。

小学校高学年ともなると、それまでに家庭での勉強習慣が身に付いていないと、勉強内容もそれなりに難しくなっていますので、挫折しやすくなかなか難しいものがあります。

家庭での勉強習慣が身に付いておらず、高学年で慌てて子どもを塾に通わすという方も多いのでは無いでしょうか。低学年から始めるからこそ、受講料金はできるだけ安いほうが助かりますし、料金の安い進研ゼミはおすすめです!

学年を超えた英語4技能が追加料金なしで学べる

進研ゼミ小学講座のタブレット学習であるチャレンジタッチは、追加料金なしで学年を超えた英語4技能が学べることができ、英検準一級のレベルまで英語学習をすることができます。

この英語学習についての口コミ(評判)は好評で、国は英語学習に力を入れていることもあり、英語学習の低年齢化が進む昨今では大きな魅力の一つになっています。

早期に英語学習に取り組むのは教育熱心な家庭では当たり前になりつつあり、小学校で英検3級合格は一つの目標になっています。

わが家の子どもも二人とも、小学生の頃に英検3級に合格しましたが、中学に入っても英語学習を先取りしていた分、他の子どもよりもアドバンテージがあり、英語の成績は常に上位でした。

得意な教科一つでもあるとそれが自信になって、他の教科でも勉強を頑張るという効果もあって、小学生の頃に英語の勉強を頑張らせて本当に良かったと思っています。

その英語学習が追加料金なしで学年を超えた勉強できるのですから、小学生の頃から英語学習に力を入れたいと思っているご家庭に、チャレンジタッチはおすすめです!

口コミ・評判からわかる進研ゼミのメリットデメリット

進研ゼミのメリット

進研ゼミのメリット
  • 家庭学習の習慣化にちょうど良い難易度
  • 受講費用が安い
  • 学年を超えた英語4技能が追加料金なしで学べる
  • 付録がたくさんある
進研ゼミはこんな子どもや家庭におすすめ
  • 家庭での学習習慣が身に付いていない子ども
  • 通信教育受講費用を安く抑えたい
  • 小学生から英語学習に力を入れたい

進研ゼミのメリットは多数がありますが、特に小学生低学年で家庭での学習習慣がまだ身に付いていない子どもにおすすめです。これは我が家での進研ゼミ小学講座受講の実体験や、その後、受講したZ会と比較して分かったことも踏まえた印象です。

進研ゼミ小学講座、特に低学年向けは、キャラクターやマンガ、イラストをうまく利用して、子どもが好きな付録を活用するなど、勉強が親しみやすくなるよう工夫がされています。

そのため、まだ家庭での学習習慣が身に付いていない子どもにはおすすめの教材で、タブレット学習であるチャレンジタッチを選ぶことで、勉強が苦手な子どもでもさらに取っつきやすくなっています。

受講料は、Z会やスマイルゼミといった他の人気教材と比べて、安くなっており、通信教育を初めて利用するご家庭にも試しで受講してみるには良い教材になっています。

進研ゼミのデメリット

進研ゼミのデメリット
  • 勉強ができる子どもにはもの足りない
  • 付録たまっていく
進研ゼミはこんな子どもや家庭に向いていない
  • 学習意欲が高く難易度の高い問題に挑戦したい子
  • 付録が無駄、興味が無い
  • キャラクターやマンガなどによる華やかな装飾が苦手

我が家の二人の子どもは進研ゼミ小学講座を3年間受講しましたが、やはり難易度という面では少々物足りなかった印象はあります。

ただし、問題が簡単すぎるという分けではありません。下の子である娘は勉強があまり得意ではありませんでしたので、娘にはちょうど良かったかもしれません。

難易度で通信教育を検討する場合ですが、この難易度というのは受講する子どもによって大きく印象が異なってしまいます。つまり子ども次第。こういうと身も蓋も無いですが、学校での勉強状況などから判断してみても良いかもしれません。

ただ、家庭での学習習慣が身に付いていないようでしたら、まずは簡単なものから始めるのがおすすめです。いきなり難しい教材で挫折してしまっては意味が無いですからね。

(実体験の口コミ・評判)進研ゼミ小学講座の感想

こどもちゃれんじで始めたベネッセの通信教育

我が家の子供は幼稚園の年中から、こどもちゃれんじを受講し始めました。きっかけはやはり、しまじろう。

なぜ幼稚園児から絶大な人気を得ているのか不思議ですが、同じ幼稚園に通う友達がしまじろうのおもちゃ教材で遊んでいるのを見て、我が子も欲しがり、我が家でもこどもちゃれんじを受講することになりました。

ベネッセさんのしまじろう戦略はうまくやっているなぁ、と感心します。幼児の心をがっちり掴んで、小学生になったらそのまま進研ゼミ小学講座を受講している子どもも多いと思います。

年長からは先取り学習で、こどもちゃれんじではなく、進研ゼミ小学講座(チャレンジ)の受講を始め、その後、小学3年生まで続けていました。

こどもちゃれんじも立派な通信教育です。とはいっても子供は勉強という意識は無く、付録のおもちゃや絵本で楽しく学ぶ工夫がされていて、子供にしてみたら遊んでいるに過ぎないかもしれません。

そのため、幼児から自宅で学習習慣を身に付けさせるという目的での受講は、あまり期待しすぎない方が良いように思います。あくまで小学生になる前の家庭学習の足がかかりぐらいに思った方が良いかもしれません。

進研ゼミ小学講座で家庭学習の土台作り

我が子は小学3年生まで進研ゼミ小学講座を受講しましたが、この小学校低学年での受講が、その後の我が子の学力に大きな影響を与えることになったと考えています。それは家庭での学習習慣を身に付けることができたことです。

進研ゼミ小学講座は難易度高く無く、教材が子供が好きそうな華やかな作りになっており、キャラクターのコラショを使ったマンガや、電子教材などで、勉強を楽しくまたゲーム感覚で勉強ができるように工夫が凝らされています。

そのため、勉強を始めたばかりとなる小学生低学年が、無理なくまた、勉強に対して苦手意識をもつこともなく家庭で学習することができていました。

難易度が高くないからこそ、毎日継続して取り組むことができ、継続したからこそ家庭での勉強が習慣化することができたと考えています。

その後、進研ゼミの問題ではもの足りなくなったため、難易度を上げるためにZ会に変えることになるのですが、Z会と比較することで進研ゼミの良さも再確認しました。

通信教育の受講の大きなメリットの一つは、家庭での学習習慣を身に付けることができる点ですが、問題の難易度が難しかったり、教材がシンプルでとっつきにくいと、子供に継続させるハードルが高くなります。

通信教育は毎月払いで受講することができ、途中で解約することも容易です。小学生で初めて通信教育の受講を考えている場合、まずは進研ゼミ小学講座を受講してみてはいかがでしょうか。

子供の勉強意欲が高く、受講継続が無理なくできそうであれば、Z会など比較的難易度の高い通信教育に変更するのもおすすめです。

我が子は、進研ゼミ小学講座で無理なく通信教育に毎日取り組めたことで、家庭での学習習慣をしっかり身に付けることができました。家庭学習の土台を作ってくれた進研ゼミにはとても感謝しています。

\ 資料請求はこちらから /

まとめ:進研ゼミの口コミ(評判)は悪い?

我が家の子供の受講経験を踏まえ、進研ゼミ小学講座と中学講座の口コミ・評判をご紹介しました。

小学生が受講する通信教育のなかで、進研ゼミ小学講座受講者は非常に多く、幼稚園からこどもちゃれんじを受講していた流れで受講している家庭も多いようです。

受講者が多く、知名度も高いため、口コミや評判には良いもの、悪いもの両方があってあたりまえですが、少なくとも我が家の経験からいうと、小学生低学年までは進研ゼミ小学講座はおすすめです。

通信教育を選ぶうえで口コミ(評判)の悪いものというのは気になるものですが、通信教育各社はそれぞれ特徴があり、子どもや家庭環境によって合う合わないはあると思います。

わが家でも進研ゼミ以外にもZ会も受講しましたが、特徴は大きく異なりました。選んだ通信教育が合わないと評価としては「悪い」となってしまいがちですが、受講してみないとなかなか判断できないかもしれません。

また、悪い口コミでもあったように「続かない」場合は、通信教育という学習スタイル自体が合わないのかもしれません。その場合、塾や公文といった勉強方法も検討したいところです。

進研ゼミは通年契約ではなく、毎月払いで途中解約も容易ですし、とりあえず1、2か月試しで受講してみるのがおすすめです。

特に進研ゼミは他の通信教育に比べて、受講料も安いのが大きなメリットです。通信教育各社の資料請求をして比較して検討してみてはいかがでしょうか。

\ 資料請求はこちらから /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる