進研ゼミかZ会かどっちが小学生におすすめか比較

小学生の通信教育で人気のある進研ゼミとZ会、通信教育を選ぶときにどっちが良いか迷ってしまう方も多いと思います。

実際、わが家でも、進研ゼミかZ会かどっちが良いか迷いましたし、周りのパパ・ママにおすすめを聞きました。

最終的には、まずは進研ゼミを受講し、その後、Z会を受講することになりましたが、両社合わせて9年間受講しました。

そこで、小学生の子どもに進研ゼミかZ会かどっちが良いか迷っている方向けに、わが家の受講経験をもとに両社を比較してメリットデメリットとおすすめの選び方をご紹介します。

目次

進研ゼミ・Z会メリット比較

まずは進研ゼミかZ会かを選ぶうえで重要になってくる両社のメリットについて比較してみましょう。

進研ゼミのメリット

Z会と比較した場合の進研ゼミのメリットには以下のようなものがあります。

進研ゼミのメリット
  • Z会より料金が安い
  • Z会より親しみやすい教材
  • 専用タブレットで使いやすい

Z会より料金が安い

進研ゼミかZ会かを選ぶ際にやっぱり気になるのは受講料金ではないでしょうか。進研ゼミとZ会の比較で進研ゼミの最も大きなメリットは受講料金の安さです。

これはZ会との比較だけに関わらず、スマイルゼミを含めた3社比較でも最も安い通信教育サービスとなっています。しかもタブレット学習であるチャレンジタッチの場合、一定期間受講することでタブレット代金も無料になります。

Z会の場合、紙教材のテキストスタイルとタブレットコースで料金は異なりますが、進研ゼミの場合、紙教材もタブレット教材も受講料金は同じです。

そもそも通信教育は塾や家庭教師などと比較しても圧倒的な安さで、家計の負担になりがちな学校外学習費用を抑えることができ、利用次第ではとてもコスパの良いサービスといえますが、その安い通信教育のなかでも安いわけですから、とても大きな魅力です。

安かろう悪かろうというサービスも多い中、進研ゼミは小学生向け通信教育サービスの王道でサービス内容も確かなものですから、安心できますね。

Z会より親しみやすい教材

進研ゼミはキャラクターやマンガ・イラストを使って子どもが親しみやすい教材づくりを行っています。進研ゼミ小学講座を検討しているご家庭の多くでは、幼稚園のときにこどもちゃれんじを受講して、しまじろうに慣れ親しんでいる方も多いのでは無いでしょうか。

進研ゼミ小学講座でもコラショといったキャラクターやマンガ・イラストを多く使い、テキストの装飾もZ会に比べて華やかであり、特に小学生低学年向けの教材では勉強を楽しいものという印象づくりを行っています。

一方、Z会は進研ゼミに比べると華やかさは無く、シンプルで質素な見た目の教材になっています。ザ・勉強というストレートな印象を受けるので、好みは分かれるかもしれません。

また、進研ゼミといえばパパ・ママ世代が子どもの頃から付録が多く、付録が目的で受講をおねだりした経験もおありかと思いますが、それは今も同じで、ゲームのような電子教材などは特に子どもには人気で、付録の教材で楽しく勉強する子どもたちも多いです。

私の子どもも暇なときには、進研ゼミの付録を引っ張り出してきて遊んでいました!?単なる遊びじゃダメなんですけどね。

専用タブレットで使いやすい

進研ゼミのタブレット学習であるチャレンジタッチを選択した場合、専用タブレットが送られてきて6か月以上受講を継続すると無料で利用することができます。

Z会の場合、小学生のタブレットコースは市販のタブレットにアプリをインストールして利用することなりますが、進研ゼミの場合、専用タブレットであるため、不要なアプリは入っておらず外部インターネットに自由にアクセスできないようになっています。

また、進研ゼミの教材で学習するための専用タブレットであるため、ホームボタンの位置や、書く学習のためのタッチペンなど工夫が施されています。

進研ゼミは紙のテキストとタブレット学習のスタイルはいつでも変更することができるため、どちらかを受講してみて合わなかった場合に変更できるので安心です。

Z会のメリット

進研ゼミと比較した場合のZ会のメリットには以下のようなものがあります。

Z会のメリット
  • 進研ゼミより問題レベルが高い
  • 受講教科が選択できる
  • 小学生タブレットコースはAndroidが利用できる

進研ゼミより問題レベルが高い

進研ゼミもZ会も両社レベル選択が可能になっていますが、進研ゼミは問題数が少ないといった口コミはよく聞きます。

わが家では進研ゼミからZ会に変更したため、進研ゼミの受講時には問題が少ないとか簡単といった印象はありませんでしたが、Z会を受講したときに、その違いを感じました。

Z会ではスタンダードレベルであっても教科書以上のレベルもの内容を扱っており、ハイレベルを選択すると、さらに発展問題が追加される分、問題数も多くなります。

これは子どもによってはメリットにもなりますし、デメリットにもなります。

わが家の息子は比較的勉強ができて、学習意欲も高い方であったためZ会のハイレベルを受講し、学力を伸ばすことができたのではないかと思います。

受講教科が選択できる

進研ゼミは全教科セットでの受講となりますが、Z会は小学1・2年生では全教科セット受講となりますが、3年生からはセット受講ではなく、受講教科を選択することができます。

料金的にはセット受講したほうが、一教科あたりの受講料金は安くなりますが、合計受講料は高くなってしまいます。

塾の場合、算数と英語だけといったように教科を絞って受講することは一般的であり、通信教育も同じように算数と英語だけ受講するというのも良いかもしれません。

2教科だけなら、進研ゼミより受講料の高いZ会でも、合計金額は安く抑えることができます。

また、教科選択ができるため他の習い事や塾との併用など柔軟な受講が可能になります。例えば英語は英会話教室、算数は塾、国語・理科・社会はZ会のように、無駄なく受講できるのも教科選択ができるZ会のメリットです。

小学生タブレットコースはAndroidが利用できる

Z会のタブレットコースで使用するタブレットは進研ゼミのような専用端末では無く、市販のタブレットを利用して受講することができます。

また、小学3年生以上の対応タブレットはiPadのみですが、1・2年生のコースではAndroidも利用することができます。タブレットをお持ちの方はご存知かと思いますが、AndroidとiPadでは端末料金が大きく異なります。

小学生の通信教育受講のためだけにiPadを購入するのは少々もったいないです。そのため、普段使いとしても併用することになると思いますが、そのことでインターネットやゲームアプリ等の誘惑が混在してしまうので注意したいところです。

Androidであれば、1万円程度で十分なスペックのタブレットを購入できるため、Z会受講用の端末として割り切ることもできますし、料金が安いため買い替えも大きな負担になりません。

進研ゼミ・Z会デメリット比較

メリットに続いて進研ゼミとZ会をデメリット面で比較してみます。

進研ゼミのデメリット

Z会と比較した場合の進研ゼミのデメリットには以下のようなものがあります。

進研ゼミのデメリット
  • 付録が多くてたまっていく
  • Z会よりも問題がもの足りない
  • ゲームをしているのか勉強しているのか分からない

付録が多くてたまっていく

通信教育でZ会と言えば「付録」を思い浮かべる人も多いのでは無いでしょうか。メリット面でも触れましたが、進研ゼミの付録目的で受講したいとおねだりする子どもも少なからずいると思います。

わが家でも進研ゼミを受講していたときには、子どもは毎月、付録を楽しみにしていましたし、勉強を親しみ安くするという面においては一役買っていました。

子どもにとっては楽しみの一つかもしれませんが、保護者さんによってはこの付録は無駄でいらないものと感じている人もいて、口コミなどでもよく見かけたりします。

付録については子どもにとってはメリットであっても、保護者にとってはデメリットにもなるため、付録が不要と感じられる方はZ会の方が良さそうです。

Z会よりも問題がもの足りない

進研ゼミとZ会を問題量で比較した場合、進研ゼミだともの足りないと感じられる方は多いかもしれません。

両方を受講した経験からいうと、基礎問題については進研ゼミであってもZ会でも小学生向けの講座においては、あまり大きな差は感じられませんでした。

ただ、Z会ではホームページでも記載されている通り、教科書レベルである基本・標準と応用問題の比率は、他の通信教育と比べて応用問題の量が多くなっています。

さらに、レベルをハイレベルにした場合、発展問題が追加されトータルのボリュームも多くなります。

進研ゼミは、問題量そのものがもの足りないという口コミも多く、Z会と比べてしまうとそれが顕著に感じられるかもしれません。

ゲームをしているのか勉強しているのか分からない

ゲームをして遊んでいるのか、勉強しているのか分からないというのは、進研ゼミでもタブレット学習であるチャレンジタッチに関するものです。

チャレンジタッチはもちろん通信教育教材であり、勉強するためのものではありますが、コンテンツには学習ゲームがあります。

もちろん単なる遊びのゲームではなく、学習コンテンツの延長で、ゲームをしながら勉強できるため、子どもも集中できて良いコンテンツです。

しかし保護者からすると、勉強していると思って、タブレットを除いて見ると夢中でゲームをしていた、というのはチャレンジタッチのあるあるのようで、ゲームが無いと勉強に取り組めないのでは?と不安に感じてしまいます。

小学生低学年であればゲームで勉強というのも良いかもしれませんが、高学年や中学生になってまで通用する勉強方法では無いですからね。チャレンジタッチがゲーム目的にならないようにしたいものです。

\ 無料の体験教材をもらう /

Z会のデメリット

進研ゼミと比較した場合のZ会のデメリットには以下のようなものがあります。

Z会のデメリット
  • 進研ゼミより受講料金が高い
  • 進研ゼミより問題が難しい
  • 進研ゼミよりタブレットコースの評判がいまいち?

進研ゼミより受講料金が高い

通信教育を選ぶときにやっぱり重要なのは料金です。継続して受講するため学習効果も大切ですが家計の負担はどうしても抑えたいところです。

Z会は進研ゼミに比べて受講料金は高く、保護者にとっては一番のデメリットと感じられる方も多いのでは無いでしょうか。
進研ゼミとZ会を受講料金で比較した表です。

スクロールできます
学年(毎月払い)進研ゼミZ会(スタンダード)Z会(ハイレベル)Z会(タブレット)
小学1年生3,680円4,620円5,060円3,520円
小学2年生3,930円5,060円5,500円3,960円
小学3年生(5教科)4,490円7,150円7,590円7,040円
小学4年生(5教科)4,980円7,810円8,250円7,590円
小学5年生(5教科)5,980円8,965円9,845円8,250円
小学6年生(5教科)6,440円9,790円10,670円8,800円

進研ゼミより問題が難しい

進研ゼミとZ会を比べるとやはり、Z会の問題は難しい傾向にあります。Z会が難しいというのはよく見聞きする評判ですのでZ会を検討している方は、難易度について、子どもがついていけるかどうか、気になるところでは無いでしょうか。

Z会の小学生コースでは、スタンダードレベルとハイレベルを選択することができ、スタンダードレベルであっても他の通信教育よりは、やや難易度が高めです。

通信教育は継続することによって、家庭での学習習慣が身に付き、特に小学生で習慣化ができてると、中学生や高校生になっても家庭で集中して勉強することができるようになります。これはわが子の実体験です。

小学生の頃は学校の成績を上げるというよりも家庭での学習習慣を身に付けることの方が大切では無いかと思います。あくまで勉強に対する土台作り。

その勉強の習慣化に適しているのが通信教育ですが、継続しなければ意味が無いため、あまりにレベルの合わない教材を選んで、挫折してしまうよりも、適度な難易度で継続を第一目標とした方が良さそうです。

わが家の娘はZ会で挫折してしまった経験がありますので、通信教育選びは子どものレベルを考えて検討してあげるのがおすすめします。

進研ゼミよりタブレットコースの評判がいまいち?

Z会のタブレットコースは進研ゼミのような専用タブレットは無く、市販のタブレットを利用し、イード・アワードでは小学生タブレットの部で2年連続最優秀賞に選ばれています。

評価の高いZ会のタブレットコースですが、SNSではZ会のタブレットコースについて、使いづらいといった投稿も見かけます。

iPadは決して安い買い物ではありませんし、Z会のタブレットコースが万が一気に入らなかった場合、テキスト教材に変更は可能と言っても、せっかく買ったiPadが無駄になりかねません。

一方、Z会のタブレットコースを絶賛する声もあります。タブレットコースに不安がある方はテキストスタイルを選択するのが無難かもしれませんね。

\ まずは資料請求 /

進研ゼミかZ会かどっちがおすすめ?

進研ゼミとZ会を比較して、両方を受講した経験をもとに、それぞれ比較したメリット・デメリットをご紹介しました。

進研ゼミとZ会はそれぞれ特徴がありますので、最後に、それぞれの特徴にあった子どもや家庭環境に応じたおすすめの選び方をご紹介します。

料金の安さ重視なら進研ゼミ

通信教育を5教科バランスよく勉強してなおかつ、料金を安く抑えたい方は全教科セット受講で料金の安い進研ゼミがおすすめです。

ただし、5教科の受講は必要なく、教科を絞ってでも毎月の受講料を安く抑えたい方は、Z会がおすすめです。

進研ゼミもZ会も一括払いにすることで月単価の受講料は下がります。一括払いにすると途中解約できないと思われている方もいますが、一括払いであっても途中解約して未受講分の料金は返金されます。

初めての通信教育で続くか不安なら進研ゼミ

通信教育サービスを利用したことが無いご家庭では、子どもが途中でやめてしまうのではないかという不安もあるかと思います。

そんな不安がある方は進研ゼミがおすすめで、進研ゼミの難易度はZ会ほど難しくはなく、通信教育としては標準的なサービスで、教材も勉強を親しみやすくする工夫がされている教材です。

\ 無料の体験教材をもらう /

学習意欲が高い子どもならZ会

学習意欲が高く、どちらかというと勉強が得意な子どもはZ会がおすすめです。もともと学習意欲が高い子どもは家庭で勉強する習慣もすぐに身に付き、難易度が高い問題がやりがいに繋がります。

わが家の息子もそうでしたが、もともと進研ゼミを受講していたこともあり、勉強に対する自信があったため、Z会で難しい問題があっても挫折することなく継続することができました。

簡単な問題を継続するよりもちょっと難しい問題の方が、勉強に対する自信にもつながったようです。

\ まずは資料請求 /

最後に、進研ゼミかZ会かどっちか迷ったら

進研ゼミかZ会か、わが家でも受講する際は悩みました。最終的には小学校低学年で進研ゼミ、高学年からZ会と利用的な選択ができたのではないかと思っています。

進研ゼミかZ会かどっちが子どもにとってピッタリな教材か判断するために、両社は資料請求することで、それぞれ無料のサンプル教材をもらうことができます。

サンプル教材は問題内容だけでなく、テキスト教材の雰囲気も分かります。子どもに両方のサンプル教材を渡して、それぞれ感想を聞いてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる