Z会の口コミ(評判)|小学生・中学生のどんな子どもにおすすめ?

Z会の評判・口コミ

Z会といえば老舗の通信教育で、難しいとか成績優秀な子どもが受講しているというイメージがありますよね。小学生・中学生の子どもの通信教育を選ぶのに気になるZ会の口コミ(評判)。

我が家の子どもは小学生からZ会を始め、中学3年生まで受講していましたが、これからZ会を受講しようか迷っている方向けに、わが家の受講経験談と合わせて、Z会の口コミ(評判)をご紹介します。

小学生・中学生のお子さんにZ会が向いているかどうか、受講しようかどうか迷っている方は参考にしてみてください!

目次

Z会の口コミ(評判)

Z会について受講した家庭での口コミ(評判)にはどういう内容のものが多いのか見てみましょう。

Z会の悪い口コミ(評判)

はじめにZ会についての悪い口コミ(評判)です。

わが家では息子と娘の二人の子どもがZ会を受講しましたが、経験談からいうと悪い口コミ(評判)というよりも、結局、Z会が子どもに合わなかった場合、それがネガティブな口コミ(評判)としてあらわれるのだと感じています。

娘はZ会が合わず一年間で挫折しましたが、Z会が悪いというよりも合わなかったというのが正しい評価です。

世間でよくいわれるZ会のネガティブな口コミ(評判)には以下のようなものが多いようです。

Z会の悪い口コミ(評判)
  • 問題が難しすぎる
  • タブレットコースの操作性が悪い
  • 料金が高い

問題が難しすぎる

Z会受験、教材素晴らしいですが、小3は親がついてあげないと適当になってしまう場合が多いですよね。小5位からは子供だけでも結構できます。それまで時間はかかりますが、子供とのコミュニケーションタイムだと思って頑張ってほしいです!ちなみに、下の子は挫折しました~。私が

Z会と言えばどんな通信教育?という質問があれば多くの人が頭に思い浮かぶ言葉が難易度が高く、難しいという印象では無いでしょうか。

わが家では、進研ゼミ(チャレンジ)とZ会を子どもに受講させましたが、勉強を得意としている息子と勉強が少し苦手な娘でZ会の難しさを実感することができました。

娘は勉強が少し苦手で、Z会を受講する前には進研ゼミ(チャレンジ)を受講していましたが、Z会に変えたとたんに挫折。問題全てが難しいという分けでは無いのですが、発展や応用問題は勉強が苦手な娘にはハードルが高すぎたようです。

また、Z会小学生コースは教材が非常にシンプルで、余計な装飾がありません。進研ゼミのようなキャラクターやマンガ、ゲームのような付録も無いため、そういう面でも心理的に難しさをより一層感じてしまうのかもしれません。

ちなみに、息子は高校で予備校に通うことにしましたが、予備校の先生曰く、Z会は非常に難しい教材で、中学生で挫折してしまい塾に切り替える子どもも多いようです。

タブレットコースの操作性が悪い

タブレットでの学習は、通信教育各社が力を入れている勉強方法ですが、通信教育各社を比べるとタブレットの操作性に関する悪い口コミ(評判)が多いのがZ会。

Z会の小学生コースで利用できるタブレットは、iPadとAndorid、中学生コースだとiPadのみとなります。特に悪い口コミ(評判)が多いのはAndroidで、iPadに替えると改善されるという口コミもあります。

そもそも、紙のテキストスタイルを選べばタブレットに関する不安は無いわけです。Z会の良質な問題が魅力でタブレットに不安のある方は、まずはテキストスタイルで受講してみるのがおすすめです。

タブレット学習は自動マル付けやAIによる学習計画など魅力はありますが、学校の勉強ではまだまだ紙やテキストによるものです。

わが家では学校の勉強スタイルに極力合わせたいという考えがあっため、テキストスタイルを選択しましたが全く後悔はありませんでした。

料金が高い

通信教育を比較しているご家庭で、Z会の悪いというかネガティブな口コミ(評判)で多いのが料金の高さ。実際のところZ会の料金は他社と比べると高い料金設定になっています。

ただし、Z会の料金体系は他の通信教育と比べて異なるのは、小学3年生から1教科ずつ選択して受講することができるという点です。

何も全教科受講する必要はありませんので、教科を選択して受講できるというのはメリットにもなります。わが家でも家計への負担を抑えつつ、Z会を継続するために、息子の苦手教科に絞って受講していました。

いくらZ会の問題が良質、添削サービスが他社よりも良いとはいえ、安いに越したことは無いのは確かですよね~。子育てはかかります。ただ、塾に通わせることを考えると全然、Z会の方が安いですよ。

\ 資料請求でサンプル教材で試してみるのがオススメ /

Z会の良い口コミ(評判)

続いてZ会の良い口コミ(評判)にはどのようなものがあるか見てみましょう。SNSでもよく見かける評価の良い口コミには以下のようなものがあります。

Z会の良い口コミ(評判)
  • 難易度が高く問題の質が良い
  • 受講教科を選択できる
  • 通塾する必要が無い

難易度が高く問題の質が良い

Z会に入会しました
今までずっとチャレンジでしたが小学生になり少し物足りない感じでZ会に変更
少し高いですが内容はかなり充実していて親としては満足
国語もチャレンジよりは難しくてわからない所も多い
なので、自分で調べる事を覚えた
これも良いかな~と
わからない事があったら自分で調べてみる
そうすると新たな発見がある
といってくれることを願う

悪い口コミ(評判)でもありましたが、Z会の問題の難易度の高さや問題内容については、裏を返せばメリットでもあり特徴でもあります。

Z会の問題は、基礎はもちろんのこと教科書以上のレベルの学力を身に付ける内容になっていて、難易度は高く、問題の質の高さに定評があります。

わが家の息子は、自分でマル付けをしていて、難しい問題があると親に聞いていましたが、小学生高学年から徐々に難易度が高くなり、中学生コースになると親が解説を読みながら教えるのも大変になりました。

難易度が高い分、学習意欲の高い子どもにとっての学力向上にはとても良い教材です。

受講教科を選択できる

Z会は小学生3年生から教科を選択して受講することができます。悪い口コミ(評判)でも少し触れましたが、Z会の受講料金が高いというデメリットの反面、費用を抑えるため教科を選択して受講することができます。

最近は通信教育一社のみの受講ではなく、複数の通信教育を併用していたり、公文や英会話教室も通いながらZ会を受講している家庭も多いようです。

わが家の子どもも幼稚園の頃から英会話教室に通わせていたため、Z会では英語は受講しませんでした。

中学生ともなると、部活・習い事・塾などとても忙しくなり、Z会の全教科を受講して結局やらずじまいという口コミを見かけたりもします。

家庭環境や習い事事情、子どもの得意不得意教科などに合わせて、柔軟に受講教科を選択できるのはZ会の良いところだと思います。

通塾する必要が無い

Z会に関わらず通信教育に対する良いところですが、塾に比べて費用が安くてすむのはとても助かります。わが家では、息子は塾に行かずZ会、娘の方はZ会を挫折して通塾に変更と両方を経験しました。

Z会がいくら料金が高いといってもそれは他の通信教育を比べた料金、塾に比べたら受講料は圧倒的に安くなります。

また、塾は少し遠いと子どもの安全のため送り迎えが必要になり、時間も無駄になります。通信教育であれば自宅で勉強ができるため、余計な心配が必要なく、曜日や時間の制約も無いため、自分のペースで勉強ができるのも大きなメリットです。

\ 資料請求でサンプル教材で試してみるのがオススメ /

口コミ(評判)から分かるZ会のメリット・デメリット

Z会のメリット

Z会のメリット
  • 難易度が高く問題の質が良いから学力が向上する
  • 受講教科を選択できるから柔軟に受講ができる
  • 難関中学受験対策に強い
  • 通塾する必要が無いから家計にやさしい
  • 小学生タブレットコースはAndroidが利用できる
Z会はこんな子どもや家庭におすすめ
  • 学習の意欲の高い子ども
  • 中学受験を考えている家庭
  • 塾に通わせたくない

中学受験するしないに関わらず、特におすすめなのが、学習意欲の高い子ども向けで学力をさらに伸ばしてあげたいと考えているご家庭にはおすすめです。

もちろん有名進学塾などでも子どもの学力は伸びると思いますが、塾は強制力が働くため勉強しないといけないという環境づくりには良いですが、自ら勉強するという習慣や意識が育まれません。

通信教育のなかでも特に難易度の高いZ会だからこそ、身に付いた家庭の学習習慣は高校受験や大学受験にも通用する能力になります。

わが家の息子も塾に通わず、Z会だけで志望していた偏差値70以上の高校に無事合格し、現在は高校生ですが、小学生・中学生で身に付いた学習習慣は大きな力になっており、毎日、親が何も言わなくても高い目標をもって毎日自宅で勉強に取り組んでいます。

Z会のデメリット

Z会のデメリット
  • 問題が難しいから挫折してしまう可能性がある
  • 問題が難しいから親の手間がかかってしまう
  • タブレットコースはいまいち
  • 料金が高いから家計の負担になる
Z会はこんな子どもや家庭に向いていない
  • 勉強が苦手
  • 強制力が無いと勉強ができない
  • 通信教育でも、とにかく料金を安く抑えたい

わが家の娘はZ会での勉強に挫折して塾に通うことにしましたが、この経験からよく分かったのは、通信教育各社は特徴があり、子どもに合う合わない教材があるということ。

当時の娘はあまり勉強が得意ではなく、難しい問題があると集中力がもたずに、イライラして勉強そのものが嫌になってしまう傾向にありました。

Z会は一年で辞めて塾に通わせることにしましたが、娘には通信教育よりも塾の方が合っていたようで、塾では成績優秀者として選ばれるほどになりました。

正直、Z会を受講しているときはそんなことは微塵も感じることはありませんでした。つまり通信教育、とりわけ難易度の高いZ会は向き不向きが顕著に表れるのかもしれません。

\ 資料請求でサンプル教材で試してみるのがオススメ /

実体験の口コミ評判、小学生・中学生コースの感想

我が家には、現在高校生の息子と中学生の娘の二人の子どもがいますが、二人とも幼稚園の頃から通信教育を受講しており、二人とも小学生からZ会を受講していました。

子ども二人のZ会受講経験をもとに、親からみたZ会小学生コースと中学生コースの感想をご紹介します。

Z会小学生コースの感想

二人の子どもはもともと、幼稚園ではこどもちゃれんじを受講しており、その後、進研ゼミ小学講座、Z会小学生コースと通信教育を変更しました。

Z会は二人とも小学4年生から受講を開始しましたが、それまで進研ゼミ小学講座を受講していたこともあり、比較してZ会の特徴がよく分かりました。

まず、思ったのはZ会はとにかくシンプル。小学生コースとはいえ子どもが喜ぶような付録は一切なく、進研ゼミのようなキャラクターやマンガはありませんでした。

進研ゼミに慣れ親しんだ子どもがZ会に変更するとまずはこのあたりに大きなギャップを感じるかもしれません。

実際、中学生の娘に小学生当時のことを聞くと、Z会はとにかく文章が主体で、文章が読むことが苦手で読解力が低いから苦労したそうで、それが嫌だったとのこと。

文章読解力は勉強の基本中の基本ですから、これで苦労していたら、そら挫折するわ、という感じですが。。。

一方、勉強が比較できた息子の方は全く問題ない様子でZ会を継続することができました。

Z会は難しいとよく言われる口コミ(評判)ですが、小学生コースに限って言うと、良いか悪いかは結局は受講する子ども次第というのが率直な感想です。

勉強に苦手意識があると難しさが際立ち、勉強ができる子にとっては自信につながる。そんな印象です。

Z会中学生コースの感想

娘の方はZ会をやめてしまい、通信教育で勉強を続けていくことは断念して塾に通わすことになるのですが、息子の方はその後、中学3年生までZ会を継続しました。

Z会中学生コースの感想ですが、問題の難易度が一気に上がったという印象です。

Z会小学生コースでは子どもから分からないから教えて欲しいと言われたことは、ほとんど無かったのですが、中学生コース、特に、1年生向けの教材でよく教えて欲しいと言ってくることが多くなりました。

1年生レベルならまだ教えることができると思っていましたが、恥ずかしながら親である私も解説を見ながらでも理解できない問題がありました。

こういうときには、通信教育のデメリットを感じました。塾であれば分からないことを塾の先生に聞くことができますが、通信教育だとその手段がありませんからね。

賢い保護者さんだったら、問題ないですがわが家のようにトンビがタカを生んでしまったパターンはきついです(笑)

とはいえ、Z会はテキストだけではなく映像授業もあり、この映像授業がなかなか分かりやすかったですし、定期的に提出する添削も非常に丁寧です。

\ 資料請求でサンプル教材で試してみるのがオススメ /

まとめ:Z会の口コミ(評判)

Z会の評判・口コミはいかがでしたでしょうか。意図的に評判の良いものをご紹介したわけではありません。ご紹介したとおりZ会の評判・口コミには、ネガティブなものはあまりみあたりませんでした。

つまり顧客満足度が高いということですね。さすが5年連続で オリコン顧客満足度1位(通信教育小学生向けコース)だけのことはありますね!

また、進研ゼミと比較するような評判・口コミは結構多いです。やはり通信教育といえばZ会と進研ゼミの2社を受講している人が多く王道のようです。

口コミや実体験の感想などでもふれましたが、通信教育は子どもに合う合わないは、継続できるか挫折するかの大きな要因と感じています。

特に小学生向けの教材は多くの種類があり、選択肢も多いため、体験受講やお試し教材で色々試してみるのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる