Z会はiPadとテキストどっちが良い?

Z会iPadスタイル小中学生の勉強

子どもの通信教育でZ会に興味があってホームページを見たら、学習方法がiPad(タブレット)とテキストの2種類があってどっちが良いの?って迷いますよね。

我が家の子どもは小学4年生から中学3年生までZ会を受講していますが、私も子どもにとって、iPadとテキスト、どっちが良いかさんざん悩みました。我々親世代にはiPadなんて無縁でしたから悩むのなんて当たり前です。

そこでZ会はiPadとテキストとどっちが良いか、我が家の選択した経験を踏まえて、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

我が家のZ会受講体験談と口コミ・評判はこちらで紹介しています。
Z会(小学生・中学生)の口コミや評判は?

スポンサーリンク

Z会にはiPadとテキストスタイルの2つがある

Z会の学習スタイルにはタブレットを利用するスタイルと紙で届くテキストスタイルの2種類があります。小学生のタブレットコースで利用できる端末はiPadでもAndroidでもどちらでも利用できます。チャレンジタッチのように専用端末ではなく、市販の端末を利用することになります。

中学生コースと高校生コースのタブレット学習はiPadのみで、Android端末は利用することができませんので注意が必要です。今の親世代とは違い通信教育でもタブレット学習が人気となっており、通信教育会社もコストのかかる紙教材よりもタブレット学習を勧めているため、年々利用者数は増えています。

我々親世代は子どもの頃、タブレット学習なんてありませんでしたから、タブレットで大丈夫か?と不安になってしまいますよね。その不安通りiPad(タブレット)には紙教材には無いデメリットもあります。もちろん逆にiPad(タブレット)ならではのメリットもあります。

これらメリットとデメリットを把握して、子どもや家庭にあったスタイルを選びたいものです。

Z会 iPadとテキストのメリット比較

iPadのメリット

映像授業で理解しやすい
iPadスタイルの場合、映像授業を視聴しながらテキストに書き込んで学習を進めるため、テキストだけの学習に比べると理解しやすくなります。Z会公式サイトで映像授業のサンプルを見ることができます。

個別の学習計画
iPadスタイルでは個別の学習計画が自動で作成されるため計画的に学習を進めることができる。

一人ひとりの習熟度応じた添削問題が出題
一人ひとりの習熟度に応じた添削問題が出題され、その時々のやるべき問題を効率的に取り組むことができる。

英語4技能の学習ができる
2020年度からはiPad限定の英語学習アプリ「英語アシスト」が利用できるようになり、自分のレベルに合わせて英語力を伸ばすことができます。

受講費がテキストスタイルより安い
受講費は、iPadスタイルの方がテキストスタイルよりも安くなります。これは学習する子どものメリットではなく、親目線のメリットではありますが、他の通信教育よりも高いZ会ですから安いに越したことはありませんね。

添削問題提出をアプリで提出できる
添削問題の提出は解答用紙をiPadで撮影してアプリで送信するので、テキストスタイルとは異なり郵送手続きの手間が省けます。

テキストのメリット

テキストスタイルは紙のテキスト教材で学習を進める昔からあるオーソドックスな通信教育の学習スタイルです。iPadスタイルとは異なり、テキストと筆記用具さえあれば学習することができます。

学校でも勉強といえばテキストとノートです。一部タブレットを利用した授業も始まってきておりますが、現実的には、まだまだ普及はしていません。紙によるテキスト教材は慣れ親しんだ学習方法であるといえます。

また、iPadスタイルとは異なり、映像授業では無いためテキストを読みこんで理解するため、副次的効果として文章読解力の強化につながるというメリットがあります。

Z会 iPadとテキストのデメリット比較

iPadのデメリット

勉強のためのiPadが遊び道具とならないか不安というのがデメリットの一つとして挙げられます。iOSで機能制限を行えばZ会以外の利用を制限することはできますが、中学生・高校生ともなると制限解除をお願いしてくることもあるでしょう。

断固拒否すればいいですが、そのことで親子間の無用なトラブルになったり、親の甘さから、なし崩し的に利用制限を解除するようなことになるかもしれません。

また、受講費はテキストスタイルよりも安いとはいえ、iPadを購入する差額を埋めるには最低3年以上、Z会を利用し続ける必要があります。一年で退会するようなことがあれば、無駄な買い物になってしまうかもしれません。

テキストのデメリット

テキストスタイルのデメリットは、iPadスタイルよりも受講費が高くなるという点。ただし、テキストスタイル他に費用がかからないため、総額を考えると大きなデメリットでは無いかもしれません。

また、テキストスタイルの場合、添削問題の解答用紙提出は郵送による提出になるため、些細なことではありますがポストへの投函、切手が必要、など意外と面倒だったりします。

学習の進め方は資料請求して確認してみてください(公式サイトへ)

我が家がZ会をiPadではなくテキストにした理由

我が家の息子は小学4年生からZ会を受講しており、中学3年生になった現在も塾も行かずZ会を受講しています。Z会小学生コースではタブレットコースとテキスト教材があり、当時どっちが良いか迷いましたが、テキスト教材にしました。

そして中学生になるとiPadスタイルとテキストスタイルがあることを知り、またまたどっちが良いか迷いました。悩んだ結果、最終的にはテキストスタイルを選ぶことにしました。

子どもには意見を聞かず親である私が勝手に決めました。子どもに希望を聞くともの珍しさからタブレットやiPadを選ぶでしょうから、あえて希望は聞きませんでした。

タブレットやiPadスタイルのメリットは十分把握していましたが、それでもなお紙教材であるテキストスタイルを選んだ一番の理由は、学校での授業、学校の宿題、定期テスト、高校入試、どのシーンであってもタブレットは利用していないという点につきます。

学校や入試でもタブレットなどの端末を利用するなら、間違いなくiPadスタイルを選んでいたことでしょう。つまり、普段の学習環境と自宅の家庭学習は極力同じであった方が良いと考えたためです。

また、もう一つの理由として、そもそも、iPadを始めタブレットの学習方法自体、歴史は浅く、通信教育業界老舗のZ会はずっとテキスト教材で実績を出してきたわけですから、テキスト教材で間違いないだろうと考えたためです。

もちろんこれらの理由や選択が正解とはいえないでしょう。iPadスタイルとテキストスタイルの両方を試したわけではないので、比較もしようがありません。各家庭環境は違いますし、子どもに合う合わないということもあるでしょうから。

しかし、息子の場合、テキストスタイルだから失敗したと思ったことは親としては一度もありません。実際、塾も行かずZ会だけで学年上位の成績ですし、Z会を退会したいなんてことも言いませんでした。

まとめ:Z会はiPadとテキストどっちが良い?

Z会のiPad(タブレット)とテキストはどっちが良いか、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介しました。Z会自身はiPadを推進しているようで、ホームページでもiPadをおすすめとしています。

子どものためには、iPadとテキストのどっちが良いか迷ってしまいますが、実際に比較するのが一番良いのは決まっていますので、まずは一定期間を区切って、テキストで受講してみて、継続して学習が取り組めそうなら、そのまま。

継続できなさそう、もしくはやっぱりiPadも試してみたいとなった場合、iPadスタイルを受講してみてはいかがでしょうか。

学習の進め方は資料請求して確認してみてください(公式サイトへ)
タイトルとURLをコピーしました