中学生・高校生の汗をかかない方法

中学生や高校生ともなると汗かきは周囲からの視線も気になりますし、汗の臭いも気になる年ごろです。

そのため、汗かきの中学生の息子のために、汗をかかない方法や汗かき対策を教えることにしました。

同じように手汗・顔汗に悩んでいる高校生や中学生に少しでもお役に立てば幸いです。

目次

汗をかく原因

体温を下げる汗

そもそも人はなぜを汗をかくのでしょう。一言でいうと体温を一定に保つためです。

通常、汗は上昇した体温を下げるためにかき、かいた汗は気化熱の作用で、蒸発する際に体の表面の熱を奪います。そうして体温を一定に保つ働きをしているのです。

ストレスや緊張による汗

ストレスや緊張によってかく汗は、暑さでかく汗とは違います。多くの人前でスピーチや発表をしなければいけないときや、テストなどといった緊張状態にかく汗は、精神性発汗や緊張汗などと言われています。

体温を下げるためにかく汗とは違い、手のひらや足のうら、ワキなどの限られた場所にかきます。これがやっかいなのは、臭いです。

体温を下げるためにかく汗は、ほとんど臭いがしないのに比べ、緊張でかく汗は臭いがするのです。これは汗に含まれる成分が異なるためです。

中学生・高校生のための汗をかかない方法

【汗をかかない方法①】リンパ節を冷やす

汗は体温情報を抑制するためにかくものです。そのため体温の上昇を抑制することができれば発汗を抑えることができます。体温上昇を抑える効果的な方法は、リンパ節を冷やすことです。

冷やす場所は、具体的には、首の後ろ、左鎖骨下、脇、太ももの付け根、膝裏です。

中学生や高校生が学校で対処するとすれば、お弁当などと一緒に保冷剤を学校に持っていき、汗を止めたいときに保冷剤をこれらリンパ節の場所いずれかにあてるというのが、周りに目立つことなく対処できますよ。

【汗をかかない方法②】制汗剤を使用する

スプレータイプ、塗るタイプ、シートタイプなど、いろんなタイプの市販品が販売されています。

汗をかいているときには、制汗スプレーが効果的ですが、中学生や高校生の場合ですと、学校ではなかなか使いづらいことも多いでしょう。

中学生や高校生には学校で目立たないよう、登校前に塗るタイプのものを脇等に使用するのが良いかもしれません。また、制汗剤は香料のあるものではなく、無香料のもののほうが、目立たず良さそうですね。

顔汗対策の制汗クリーム

顔汗ダラダラ対策はどうすればいい?

顔汗対策にとっておきの制汗クリームがあります。楽天ランキングでも1位を獲得した「サラフェ+」 です。

サラフェプラスは、肌全体に膜を張る従来の制汗成分とは異なり、肌を引き締めて汗の出口を小さくするので、敏感な顔にも使うことができます。

おすすめポイント
  • 洗顔後に塗るだけで簡単。
  • 肌にやさしくスキンケアもサポート。
  • 臭いやテカりも抑える。
  • トライアルだけで解約OK。

公式サイトで「汗を止めるメカニズム」が紹介されています

全身に使える効果が1週間持続する制汗剤

スイス製の「AHCセンシティブ」 は、夜寝る前に塗るだけで、約1週間、汗と臭いを抑えてくれる驚きの制汗剤で、ヨーロッパ、アジア、日本で売れている制汗剤です。

おすすめポイント
  • 約一週間持続する制汗効果。
  • 脇汗、ワキガはもちろん、足汗、足の臭い、手汗など全身に使える。
  • 安心のスイス製。
  • 定期購入無しの初回キャンペーンでお得に買える。
  • 脇汗対策だけなら1本で約6か月使用できるからコスパが良い。
  • 満足度が高くて、ロングセラーの人気の商品。

購入できるのはAHCセンシティブ公式サイトだけです

手汗を止めるための制汗剤

中学生・高校生が汗の中でも特に手汗を気になっている方が多いのはご存知でしょうか。デート中、手をつなぎたくても手汗が恥ずかしい、テストで手汗が止まらず困るなど。

中高生に限らず、手は汗をかきやすい体の部分です。もともと汗かきの体質であったり、緊張性の汗や暑さによる汗など原因は様々ですが、何とかしたいものですよね。

脇汗や顔汗のための制汗剤はメジャーですが、手汗専用の制汗剤を使うのも一つの方法です。

そこでおすすめなのが、手汗対策用制汗ジェル「フレナーラ」 。フレナーラは多数ある制汗アイテムの中でも手汗対策用に作られたものですから、手汗が気になる方にはおすすめです。

【手汗が気になる中高生必見!】手汗を止めるメカニズムは公式サイトで紹介されています。

【汗をかかない方法③】汗っかきの体質を改善する

肥満解消で汗かき改善する

太っている人はどうしても汗をかきやすくなります。それは厚い皮下脂肪が体の熱を逃がさず、体内に熱がこもりやすくなるためで、体温調節のために大量の汗をかいてしまいます。
もちろん見た目が太っていなくても内臓脂肪がたっぷりついた体の隠れ肥満も同じく、汗かきの原因となりますので、気を付けましょう。

運動不足解消で汗かき改善する

運動不足の人は汗腺が衰えてしまい、体温調節するための汗が全身ではなく、体の一部だけに多く汗をかいて体温調整することになってしまうこともあります。
しかもこの場合、汗がサラサラではなく濃度の濃いべっとりとした汗になり、臭いもともなうため気を付けたいところです。

生活習慣を見直し汗かき改善する

自律神経が乱れるとストレス性の汗をかきやすくなってしまいます。生活習慣が乱れている人は、適切な十分な睡眠時間をとり、リラックスする時間を作るなど、緊張状態が長く続かないようにしましょう。

多汗症をチェックしてみる

人よりも汗っかき、これは生まれつきということもあると思いますが、多くの汗をかく症状を伴う疾患(病気)もあります。

気温がそれほど高くも無かったり、激しい運動をしたわけでもない、それなのに異常なほど汗をかいてしまう場合は、多汗症かどうかチェックしてみても良いかもしれません。

また、多汗症の他にも汗を大量にかく症状が出る病気もあります。

・多汗症
手のひら、顔、頭、わきの下など限られた部位に、汗が異常ともいえるほど出るのが多汗症です。

・バセドウ病
甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気ですが、全身に大量の汗をかく症状を伴います。

・自律神経失調症
ストレス等が原因で自律神経が乱れる病気ですが、多汗の症状を伴う場合もあります。

中学生・高校生の汗をかかない方法まとめ

汗は自然現象とはいえ、人前でダラダラ汗をかくのは恥ずかしいものです。中学生・高校生の場合、学校でイジられることもあるかもしれませんね。

制汗剤は即効性があって汗対策として、使用している方も多いと思いますが、お金を掛けずに汗を止める対策方法として、リンパ節を冷やすというのは結構効果的ですので、試してみてください。

中学生・高校生におすすめ記事
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる