中学生も気になる!肌の色を白くする方法

色白スキンケア

肌の色を白くする方法ってどんな方法があるの?

女性にとって憧れの色白美肌。中学生だって、高校生だって、最近では男子でも肌を白くしたいという人たちが増えているとか。世の中で言われている美白方法を、その理由とともにまとめてみましたので、色白の美肌になるための参考にしてみてください!

スポンサーリンク

なぜ色白の肌に憧れるのか

そもそもなぜ色白の肌に女性は憧れるのでしょうか。女性らしく見えるから?綺麗に見えるから?もちろん女性自身の美意識という理由はあるでしょうが、男性にもてたい、見られたいという願望が本能的に色白を求めるのでは無いでしょうか。

事実、色白の女性は男性にもてますよね。逆に男性は色白の女性を見ると魅力的に感じ、ついつい肌を見てしまいます。女性の色白の肌は、男性にとって魅力的であり、セクシーに感じてしまうのです。

つまり男性の本能を知っている女性が本能的に色白に憧れをもつのでは無いでしょうか。マイナビウーマンのアンケートでは、約8割の男性が白い肌を魅力的と回答したそうです。

Q.女子の肌は、「色白の肌」と「小麦色の肌」、どちらが好きですか?
色白の肌……79.7%
小麦色の肌……20.3%

色白は女性らしくキレイなイメージ
・「女性らしいし、キレイに見える」
・「色白のほうが女性らしいと思う」
・「和風美人に見えるから」

色白=清楚というイメージあり
・「清楚な感じがしていいなと思うから」
・「色白のほうが品がいい印象がある」
・「汚れがない感じがする」

思わず触れてみたくなる肌をイメージ
・「しっとりとして、触り心地がよさそうだから」
・「やわらかそう」

色白肌は美肌に見える!?
・「肌の美しさが際立つので」
・「色白のほうが肌がキレイに見える」

出典:woman.mynavi.jp

肌の色を白くするために色黒の原因を知る

何を今さらという声が聞こえてきそうですが、肌を白くするために、逆である色黒になってしまう原因を知っておくことが必要ですよね。

最も代表的な原因は、日焼けです。紫外線を浴びると体は肌を守るため、メラニンを生成します。このメラニンの色素が濃いため肌が黒くなってしまうのです。他には、体の健康状態が悪くくすんでしまったり、毛穴の黒ずみ、加齢によるシミなどがあります。

これらの原因を抑制することで、肌の色を白くする第一歩となるのではないでしょうか。と簡単に言いますが、それが難しいんですよね。。。

肌の色を白くする方法

食事

メラニン色素の働きを抑える

食品の栄養素によって、メラニン色素の働きを抑える効果をもつものがあります。そのため肌の色を白くする方法として、多くのメディアで「美白効果のある食材!」って色々と紹介されているわけです。

確かに肌の色を黒くする大きな要因であるメラニン色素の働きを抑制できれば肌を白くする方法の一つとなりそうですね。

それではどういった栄養素がメラニン色素を抑制すると言われているのでしょうか。
・エラグ酸(いちごブルーベリーなどのベリー系の果物)
・ビタミンC

ターンオーバーを助ける

また、肌の再生サイクル「ターンオーバー」が乱れるとシミ・そばかすの原因になるため、肌を白くするためには、このターンオーバーを正常に保つ食事も大切ということになります。

ターンオーバーを助けてくれる栄養素
・L-システイン(小麦、大豆、かつお節)
・ビタミン類やミネラル

L-システインは 、体の内側から代謝を促すはたらきをもち、抗酸化作用もあるアミノ酸です。皮膚、髪の毛、爪などに多く存在しており、シミ・そばかす、肌荒れなどのトラブルの無いきれいな肌を保つ上で欠かすことができません。

出典:エスエス製薬

紫外線対策

肌の色を白くするためにはやはり、メラニン色素を抑制することが大切です。そこで常識的になってきましたが、夏だけでなく冬でも紫外線対策は必要です。

日傘をさしていても地面等から紫外線は反射します。そして曇りの日だって紫外線は降り注いでいます。肌の色を白くするためには、つまり365日いつでも紫外線対策が必要なんです。

メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ化粧品

美白効果をうたっている化粧品ですが、配合成分をよく読み、美白効果の根拠は?という視点で選ぶことが大切です。また、医薬部外品の美白有効成分として厚生労働省から認可された成分を含む化粧品を選びましょう。

まとめ:肌の色を白くする方法

世間で言われる肌の色を白くする方法と根拠についてご紹介しました。

  • 肌の色を黒くしてしまう原因
  • 食事で肌を白くする
  • 紫外線対策は365日必要
  • 厚労省が認可した美白有効成分を含む化粧品を使用する

中学生や高校生は部活やスポーツなど、日焼けしてしまう機会も多く難しいことも多いですが、少なくとも紫外線対策には気を配ったほうが良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました