中学生・高校生の肌を白くする方法

色白スキンケア

肌を白くする方法ってどんな方法があるの?

中学生・高校生だって、最近では男子でも肌を白くしたいという人たちが増えています。肌を白くするために気を付けたいこと、色黒に見えてしまう原因とその対策など、肌を白くするする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

白い肌に憧れる!?

そもそもなぜ白い肌に女性は憧れるのでしょうか。女性らしく見えるから?綺麗に見えるから?もちろん女性自身の美意識という理由はあるでしょうが、男性にもてたい、見られたいという願望が本能的に色白を求めるのでは無いでしょうか。

事実、色白の女性は男性にもてますよね。逆に男性は色白の女性を見ると魅力的に感じ、ついつい肌を見てしまいます。女性の白い肌は、男性にとって魅力的であり、セクシーに感じてしまうのです。

つまり男性の本能を知っている女性が本能的に色白に憧れをもつのでは無いでしょうか。マイナビウーマンのアンケートでは、約8割の男性が白い肌を魅力的と回答したそうです。

Q.女子の肌は、「色白の肌」と「小麦色の肌」、どちらが好きですか?
色白の肌……79.7%
小麦色の肌……20.3%

色白は女性らしくキレイなイメージ
・「女性らしいし、キレイに見える」
・「色白のほうが女性らしいと思う」
・「和風美人に見えるから」

色白=清楚というイメージあり
・「清楚な感じがしていいなと思うから」
・「色白のほうが品がいい印象がある」
・「汚れがない感じがする」

思わず触れてみたくなる肌をイメージ
・「しっとりとして、触り心地がよさそうだから」
・「やわらかそう」

色白肌は美肌に見える!?
・「肌の美しさが際立つので」
・「色白のほうが肌がキレイに見える」

出典:woman.mynavi.jp

肌を白くするために気を付けたいこと(色黒の原因)

何を今さらという声が聞こえてきそうですが、肌を白くするために、逆である色黒になってしまう原因を知っておくことが必要ですよね。

日焼けによる色黒

最も代表的な原因は、日焼けです。紫外線を浴びると体は肌を守るため、メラニンを生成します。このメラニンの色素が濃いため肌が黒くなってしまうのです。

メラニンの色素量は個人差があります。生まれつきメラニンの色素量が多い場合、紫外線のダメージから肌を守ろうとメラニン色素をどんどん生成してしまい。さらに色黒となってしまうのです。

もともとメラニン色素が多い方は、肌を白くするためには、色白の方よりも紫外線対策がとても重要ということになります。

シミや健康状態によるクスミ

体の健康状態が悪くくすんでしまったり、毛穴の黒ずみ、加齢によるシミなどがあります。

また、最近ではストレスがしみを引き起こす原因ともいわれています。ストレスによってホルモンバランスが乱れ、メラノサイトを活性化させるため、しみを悪化させる原因になってしまうそうです。

これらの原因を抑制することが、肌を白くする第一歩といえますね。

メラノサイト
表皮と真皮の境界にあたる基底細胞の間にあるメラニンを生成する細胞。色素細胞あるいは色素生成細胞とも呼ばれる。皮ふの中ではデンドライト(樹状突起)と呼ばれる細長い枝状の突起を伸ばして、周囲にある角化細胞にメラニンを受け渡している。日やけして黒くなった皮ふやシミのある部分の皮ふにいるメラノサイトでは、メラニンの生成が活発になっている。

出典:www.shiseido.co.jp

中学生・高校生の肌を白くする方法

食事

メラニン色素の働きを抑える

食品の栄養素によって、メラニン色素の働きを抑える効果をもつものがあります。そのため肌の色を白くする方法として、多くのメディアで「美白効果のある食材!」って色々と紹介されているわけです。

確かに肌の色を黒くする大きな要因であるメラニン色素の働きを抑制できれば肌を白くする方法の一つとなりそうですね。

メラニン色素の抑制効果のある成分

  • エラグ酸(いちごブルーベリーなどのベリー系の果物)
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

ターンオーバーを助ける

また、肌の再生サイクル「ターンオーバー」が乱れるとシミ・そばかすの原因になるため、肌を白くするためには、このターンオーバーを正常に保つ食事も大切ということになります。

ターンオーバーを助けてくれる栄養素
・L-システイン(小麦、大豆、かつお節)
・ビタミン類やミネラル

L-システインは 、体の内側から代謝を促すはたらきをもち、抗酸化作用もあるアミノ酸です。皮膚、髪の毛、爪などに多く存在しており、シミ・そばかす、肌荒れなどのトラブルの無いきれいな肌を保つ上で欠かすことができません。

出典:エスエス製薬

紫外線対策

肌の色を白くするためにはやはり、メラニン色素を抑制することが大切です。そこで常識的になってきましたが、夏だけでなく冬でも紫外線対策は必要です。

日傘をさしていても地面等から紫外線は反射します。そして曇りの日だって紫外線は降り注いでいます。肌の色を白くするためには、つまり365日いつでも紫外線対策が必要なんです。

化粧品による美白ケア

肌を白く保つためには日焼けあとのケアはしっかり行いたいものです。自宅でも簡単に本格的な美白ケアが行える、中学生・高校生にもおすすめの身体・顔兼用の美白ジェルがあります。

シーボディ「IL-CORPO」 は、日本人に多い敏感肌のことを考えて、肌への優しさにはとことんこだわっています。都内有名百貨店などでも取り扱いのあるワンランク上かつ、中学生・高校生にも手の届きやすいボディケアシリーズでおすすめです。
お試しトライアルが1,000円で用意されているので、試してみてはいかがでしょう。
⇒詳細は公式サイトで確認してみてくださいね。

中学生・高校生の肌を白くする方法まとめ

肌を白くするための方法や気を付けたいことをご紹介しました。

  • 肌の色を黒くしてしまう原因
  • 食事で肌を白くする
  • おすすめの美白化粧品
  • 紫外線対策は365日必要

中学生や高校生は部活やスポーツなど、日焼けしてしまう機会も多く難しいことも多いですが、少なくとも紫外線対策には気を配りたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました