中学生・高校生の地黒でも肌を白くする方法

中学生・高校生は部活動やスポーツなど夏場は特に日焼けなどで肌が黒くなりがち、最近では男子でも肌を白くしたいという人たちが増えていますし、地黒でも肌を白くする方法はないの?と探している人も多いです。

そこで、肌を白くするために気を付けたいこと、色黒に見えてしまう原因とその対策など、地黒の人や中学生・高校生でもできる肌を白くする方法をご紹介します。

目次

中学生・高校生でも、地黒だって白い肌・色白になりたい!

白い肌

そもそもなぜ白い肌に憧れる人が多いのでしょうか。女性らしく見えるから?綺麗に見えるから?もちろん女性自身の美意識という理由もあるでしょう。

マイナビウーマンのアンケートでは、約8割の男性が白い肌を魅力的と回答したそうです。

Q.女子の肌は、「色白の肌」と「小麦色の肌」、どちらが好きですか?
色白の肌……79.7%
小麦色の肌……20.3%
色白は女性らしくキレイなイメージ
・「女性らしいし、キレイに見える」
・「色白のほうが女性らしいと思う」
・「和風美人に見えるから」
色白=清楚というイメージあり
・「清楚な感じがしていいなと思うから」
・「色白のほうが品がいい印象がある」
・「汚れがない感じがする」
色白肌は美肌に見える!?
・「肌の美しさが際立つので」
・「色白のほうが肌がキレイに見える」

出典:woman.mynavi.jp

男性の場合、肌が白いと弱々しく見られたりするため、マイナスの印象を持たれがちですが、女性の白い肌はプラスイメージを持っている人が多いのが事実のようですね。

当り前ですが、人はみな周囲から良いイメージをもたれたいわけですから、女性らしさ、清楚、美肌というイメージをもってもらうために、女性は白い肌に憧れてしまうわけですね。

地黒でも肌を白くできる?

地黒の方は、どうしたら色白になれるか?悩まれている方も多いかと思います。

そもそも、色白・色黒という肌の色は、生まれつきの遺伝的なもので、地黒の方はうまれつき、メラニン色素を多く持ち、紫外線にあたると日焼けしやすい体質といえます。

そのため、地黒の方が生まれつき色白の方よりも肌が白くなるというのはとても難しいですが、限界はありますが日焼け対策などをしっかり行えば、自分史上で最高の色白を目指すことはできます。

また、毛穴のくすみが無く、キメが整った透明感のある肌は、肌を白く見せることもできます。逆に乾燥した肌や、荒れた肌、毛穴のくすみやムダ毛がより一層、肌を黒く見せてしまいます。

地黒だとあきらめず、日焼けを抑え、透明感をアップさせることで、地黒でも可能な限り肌を白く見せることができるというわけです。

肌を白くするために気を付けたいこと

何を今さらという声が聞こえてきそうですが、肌を白くするために、逆である色黒になってしまう原因を知っておくことが必要です。

日焼けによる色黒

太陽

最も代表的な原因は、日焼けです。紫外線を浴びると体は肌を守るため、メラニンを生成します。このメラニンの色素が濃いため肌が黒くなってしまうのです。

メラニンの色素量は個人差があります。生まれつきメラニンの色素量が多い場合、紫外線のダメージから肌を守ろうとメラニン色素をどんどん生成してしまい。さらに色黒となってしまうのです。

もともとメラニン色素が多い方は、肌を白くするためには、色白の方よりも紫外線対策がとても重要ということになります。

肌のシミや健康状態によるクスミ

体の健康状態が悪くくすんでしまったり、毛穴の黒ずみ、加齢によるシミなどがあります。肌の状態を改善することで自然に明るい肌にすることができます。

また、最近ではストレスがしみを引き起こす原因ともいわれています。ストレスによってホルモンバランスが乱れ、メラノサイトを活性化させるため、しみを悪化させる原因になってしまうそうです。

これらの原因を抑制することが、肌を白くする第一歩といえますね。

メラノサイト
表皮と真皮の境界にあたる基底細胞の間にあるメラニンを生成する細胞。色素細胞あるいは色素生成細胞とも呼ばれる。皮ふの中ではデンドライト(樹状突起)と呼ばれる細長い枝状の突起を伸ばして、周囲にある角化細胞にメラニンを受け渡している。日やけして黒くなった皮ふやシミのある部分の皮ふにいるメラノサイトでは、メラニンの生成が活発になっている。

出典:www.shiseido.co.jp

肌の摩擦に気を付ける

肌をかき続けたり、強くこすりすぎたり、衣服が触れることで、強い刺激が長い期間加わったりすることで、メラニン色素が皮膚に吸着され色素沈着してしまうことで、肌が黒くなってしまうことがあります。

お風呂でナイロンタオルで肌をゴシゴシ洗うのも良く無いようです。また、Vゾーンやブラジャーのアンダー部分が黒ずんでしまうのも下着の摩擦が関係している色素沈着と考えられています。

肌の乾燥に気を付ける

肌が乾燥するとキメが乱れて肌の表面に細かな凹凸ができることになります。これは肌のくすみに通じるところがありますが、肌の表面の凹凸が光の加減で影ができ暗く見えることになります。

また、肌が乾燥すると肌荒れが起きやすくなり、肌が荒れると、くすんで見えてしまい、暗く見えてしまうことになります。

肌のキメを整えることも肌を白く見せるという意味では大切であり、日々のスキンケアによって、肌の潤いには気を付けたいところです。

肌が乾燥しやすい季節と言えば冬、肌を白くするためには日焼けしやすい夏だけに気を配るだけではダメなんですね。

中学生・高校生や地黒でも肌を白くする方法

肌を白くする方法を具体的に見ていきましょう。

日焼け対策で肌を白くする

日焼け止めを徹底する

肌の色を白くするためにはやはり、メラニン色素を抑制することが大切です。日焼け対策で最もポピュラーで効果的なのが、日焼け止めをしっかり塗ることです。

日焼け止めは、量が少ないと十分な効果が発揮されませんので、たっぷりとムラなく、露出する肌に塗り忘れが無いようしっかりと塗りましょう。また、定期的に塗りなおしをして防ぐ事が大切です。

そして、日焼け止め選びも重要です。1ミリも日焼けで黒くなりたくないですから、SPFの数値が高く、PAの+の数が多いものを選びたいものです。

おすすめの日焼け止め

日焼け止めは、どんなものでも塗りなおしが常識。この日焼け止めは、つけ心地が良いからおすすめです。

肌の露出を抑える

日焼け対策は、今や常識的になってきましたが、夏だけでなく冬でも紫外線対策は必要です。

日傘をさしていても地面等から紫外線は反射します。そして曇りの日だって紫外線は降り注いでいます。肌の色を白くするためには、つまり365日いつでも紫外線対策が必要なんです。

特に夏は紫外線が強いため、肌を白くするためには、暑くても肌の露出は極力抑えるべきです。この日々の努力の積み重ねが、将来大きな影響を及ぼします。

日傘、帽子、手袋、ストールなど、日焼けを防止するグッズを積極的に利用しましょう。

あまり知られていないのが日焼け対策としてのサングラス、目元の日焼け対策ができるのは、もちろんのこと、近年では目で見た情報としての紫外線が日焼けの原因にもなるという研究結果が発表されています。

透明感を上げて肌を白くする

脱毛で肌を白くする

肌そのものの色というよりも、肌を白く見せるための一つですが、日本人は毛が黒いためどうしても、手や腕、足に毛があるとその分、肌が黒く見えてしまうため、ムダ毛処理もしっかりしておきたいですね。

そして、気を付けたいのがムダ毛処理の方法、かみそりで毛を剃った場合、毛の根本の断面が目立つことになりますし、除毛クリームを使用した場合は、とりきれなかった毛がポツポツと目立ってしまうことになります。

少しでも肌を白く、そして綺麗にみせるために、ムダ毛の処理は永久脱毛がおすすめです。永久脱毛(医療脱毛)は、ムダ毛だけでなく、毛穴も目立たなくなるため肌を明るく見せることにもつながります。

毛穴を閉じて肌を白くする

開いた毛穴は、汚れが目立ち肌が黒ずんでみえてしまいます。また、皮肉にも肌が白くなれば、逆に目立ってしまうのも毛穴です。

毛穴を引き締め、小さくした、毛穴レスのつるんとした肌は、肌の透明感がアップし、肌が明るく白く見せることができます。

毛穴が開いてしまう原因としては、乾燥や皮脂の過剰分泌などがありますが、毛穴を小さく閉じるにはやっぱり日々の洗顔と保湿が大切であることは言うまでもありませんね。

おすすめのスキンケアアイテム

乾燥した肌、開いた毛穴のケアにおすすめなのがFACLのモイストリファイン。モイストリファインは、うるおってキメが整い、毛穴まわりの肌をキュッと引き締める効果があります。

WEB限定で、モイストリファインのほかに、4秒に1本売れたという人気の毛穴汚れを徹底的に落とすマイルドクレンジングオイルなど、豪華6点セットのトライアルセットがたった1500円で試すことができます。

おすすめのスキンケアアイテム

\ 毛穴レス肌へ /

くすみ肌を改善して透明感アップ

肌がくすむと暗く見えることから、くすみを改善することで肌本来の明るさをとりもどし、肌を白く見せることができます。

肌のくすみの原因は、主にターンオーバーが遅れることで、古い肌細胞が表面にとどまってしまったり、肌が乾燥することによって透明感がなくなってしまうことによるものなどがあります。

もちろん、紫外線や摩擦による肌のダメージがメラニン生成を促し、肌のくすみにも繋がりますので、日焼けのあとにシミを残さないためにも、肌のダメージケアはしっかり行いましょう。

食事で肌を白くする

メラニン色素の働きを抑える

食品の栄養素によって、メラニン色素の働きを抑える効果をもつものがあります。そのため肌の色を白くする方法として、多くのメディアで「美白効果のある食材!」って色々と紹介されているわけです。

確かに肌の色を黒くする大きな要因であるメラニン色素の働きを抑制できれば肌を白くする方法の一つとなりそうですね。

メラニン色素の抑制効果のある成分
  • エラグ酸(いちごブルーベリーなどのベリー系の果物)
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

ビタミンCを積極的にとる

肌を白くするための栄養素として特に有名なのがビタミンC。

日焼け、シミやくすみのもとはメラニン色素であり、ビタミンCは、メラニンの生成を抑える働きがあるうえに、メラニン色素を薄くする働きがあると言われています。

つまり、ビタミンCのメラニン色素を薄くする働きが、すでに黒くなってしまった肌にも、肌を白くするための効果が期待できるというわけです。

ビタミンCといえば、柑橘系を思い浮かべますが、実は柑橘系の食べ物には、紫外線を吸収しやすくするソラレンという成分が含まれているものもあるため、要注意です。

やっぱり手軽にビタミンCを積極的にとるためには、定番ですがサプリメントが楽ちんですね。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥533 (2022/05/24 17:06:00時点 Amazon調べ-詳細)

食事でターンオーバーを助ける

また、肌の再生サイクル「ターンオーバー」が乱れるとシミ・そばかすの原因になるため、肌を白くするためには、このターンオーバーを正常に保つ食事も大切ということになります。

ターンオーバーを助けてくれる栄養素
  • L-システイン(小麦、大豆、かつお節)
  • ビタミン類やミネラル

L-システインは 、体の内側から代謝を促すはたらきをもち、抗酸化作用もあるアミノ酸です。皮膚、髪の毛、爪などに多く存在しており、シミ・そばかす、肌荒れなどのトラブルの無いきれいな肌を保つ上で欠かすことができません。

出典:エスエス製薬

日焼けあとのスキンケアで肌を白くする

肌を白く保つためには日焼けあとのケアはしっかり行いたいものです。自宅でも簡単に本格的なスキンケアが行える、中学生・高校生にもおすすめの身体・顔兼用のジェルがあります。

シーボディ「IL-CORPO」 は、日本人に多い敏感肌のことを考えて、肌への優しさにはとことんこだわっています。都内有名百貨店などでも取り扱いのあるワンランク上かつ、中学生・高校生にも手の届きやすいボディケアシリーズでおすすめです。
お試しトライアルが1,000円で用意されているので、試してみてはいかがでしょう。
⇒詳細は公式サイトで確認してみてくださいね。

コスメで肌を白く見せる

中学生・高校生に人気のK-POPアイドルをはじめ、韓国芸能人は肌は白く綺麗な人が多いですが、その秘密はどんなところにあるのか気になりますよね。

韓国人と日本人の遺伝的な違いはもちろんありますが、遺伝的な要因以外にも、美容に関する食や使用するコスメなど美容に関する意識が高い傾向あり、コスメも充実しています。

肌を白くしたいという方向けに、人気のある韓国コスメのアイテムをご紹介します。

マジックスノークリーム
Amazonでも人気の韓国コスメ。マジックスノークリームは基礎化粧品で、水分感と肌のトーンを補正します。

created by Rinker
エイプリルスキン(APRILSKIN)
¥1,623 (2022/05/24 19:02:36時点 Amazon調べ-詳細)

シロモチクリーム
K-POPアイドルも利用している日本の中学生・高校生にも人気のトーンアップクリーム。

中学生・高校生や地黒でも肌を白くする方法まとめ

中学生・高校生や地黒の人のための肌を白くするための方法や色黒にならないために気を付けたいことをご紹介しました。

地黒は生まれつきでも、あきらめてしまってはより一層の色黒になってしまいます。また、肌の透明感を上げることで、肌は白く見せることもできます。

まとめ
  • 肌の色を黒くしてしまう原因
  • 日焼け対策を徹底する
  • くすみや毛穴などのケアで肌の透明感をアップ
  • 食事で肌を白くする

中学生や高校生は部活やスポーツなど、日焼けしてしまう機会も多く難しいことも多いですが、少なくとも紫外線対策には気を配りたいものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる