チャレンジタッチの後悔した理由を解説

チャレンジタッチを受講して後悔したという口コミを見かけることがありますが、どういう理由で後悔したのか、口コミから分かるチャレンジタッチのデメリットを解説します。

チャレンジタッチは小学生向け通信教育の中でも特に受講者が多く、その分、SNS等で良い口コミも悪い口コミもたくさん見かけます。

チャレンジタッチの受講を検討されている方向けに、後悔しないためにもあらかじめ気をつけておきたいポイントを合わせてご紹介します。

目次

チャレンジタッチで後悔した口コミ

タブレット学習が合わなくて後悔

チャレンジタッチといえば、小学生向け通信教育のタブレット学習の代名詞となっていますが、そもそもタブレット学習の勉強方法自体が合わないと感じる親御さんもいらっしゃいます。

紙の教材と比べた場合、タブレット学習にはメリットデメリットがあります。口コミでもよく見かける代表的なデメリットとしては、反応が悪いとか目が疲れるといったもの。

反応が悪いというのは、主にタブレットでの文字の書きにくさにありますが、紙の教材に比べるとどうしても文字は書きにくく、特に小学生低学年には、デメリットと感じる人も多いのではないでしょうか。

また、目が疲れるというデメリットがあるのもうなずけるデメリットですね。

しかし、今や学校でもタブレット端末を配布する時代です。親よりもむしろデジタルネイティブと呼ばれる世代である小学生の方が、タブレットの扱いに慣れ、デメリットを克服するのは早いと考える方が自然です。

もちろん子どもによっても合う合わないはあると思いますので、タブレット学習が合わないという後悔の口コミを見聞きしても、話半分で聞いておいた方が良いかも知れませんね。

チャレンジタッチが合わなくて後悔

ほったらかし過ぎて後悔

チャレンジタッチは小学生でも親の手を借りずに一人で学習できるのが大きなメリットになっていますが、そうはうまくいかず後悔されている親御さんの口コミもよく見聞きします。

そもそも、チャレンジタッチに関わらず、通信教育は家で勉強するものですので、できれば親の立場からすると、子ども一人で勉強して欲しいものですが、特に小学生低学年ごろは完全に一人で学習というのは少々難しいかも知れません。

ほったらかしにしていて後悔している親御さんの口コミでよく見聞きするのは以下のようなものがあります。後悔しないために受講前に参考にしておきたい口コミです。

ほったらかし過ぎて後悔の口コミ
  • 勉強していると思ったらずっと動画を見たり、電子書籍を読んでいた。
  • 勉強しているふりして落書きしてた。
  • チャレンジタッチ内の遊び系コンテンツで遊んでる。

ほったらかしで後悔とはいえ、ずっと付きっきりだと、チャレンジタッチのメリットが台無しなので、せめて目の届くところでほどよく様子を見てあげるのが良さそうですね。

チャレンジタッチじゃ無くても、紙の教材であるチャレンジだって、子ども任せにしすぎると、勉強していると思ったら答えを書き写しているだけだった、なんてのもよく聞く話ですよね。

通信教育は、塾や家庭教師なんかに比べると費用はとても安い反面、親の時間が取られるというデメリットがあることは少し覚悟しておいた方が良いです。

ただ、一番の負担になる丸つけは、チャレンジタッチの場合、自動ですからとても助かるのは間違い無いです。

続かなくて後悔

チャレンジタッチは受講したものの続かずにやめてしまったという後悔の口コミ、これはチャレンジタッチに関わらず、通信教育全般に関するあるあるですね。

親御さんの中には自分が小学生の頃、進研ゼミを受講していて続かず、溜めてしまって辞めてしまったという経験をお持ちの方も多いのでは無いでしょうか。

通信教育はいつでもどこでも、しかも安く受講できるというのが大きなメリットですが、自由度が高い分だけ継続するにはそれなりに努力が必要です。

ただ、一度習慣化してしまうとチャレンジタッチで勉強することが毎日の日課になるので、最初の数ヶ月が勝負と思って、応援してあげたいですね。

また、チャレンジタッチは紙の教材や他の通信教育に比べて、継続しやすいような工夫が凝らされています。それは教材としての分かりやすさはもちろんのこと、キャラクターを使ったり、ゲームがあったりと様々です。

紙の教材や他の通信教育で続かなかった子どもも、チャレンジタッチなら、むしろ続けることができるかも知れません。

物足りなくて後悔

学習意欲が高い子どもや教育熱心な家庭では、チャレンジタッチは物足りないと感じる人もいるようです。続かずに後悔したという親御さんにとっては羨ましい話ですね。

物足りないという口コミは特に小学生低学年の子どもの場合に多いようです。そもそも小学生低学年の学校の勉強自体も簡単なわけで、どの通信教育を選んでも大きな差は無いように思います。

ただ、高学年になると徐々に勉強も難しくなるため、応用問題や発展問題で難易度に差が出てきます。

チャレンジタッチは勉強に苦手意識があったり、続くかどうか不安な子どもなど、多くの子どもが続けれることができるよう工夫がされている分、難易度という面においては標準的な内容になっているのでは無いでしょうか。

我が家でもそうでしたが、小学生低学年で年齢相当の勉強が簡単な場合は1年先取りをしたり、高学年で物足りない場合はZ会に変更してみるのもおすすめです。

チャレンジタッチは物足りなくて後悔

6か月未満の解約ができなくて後悔

チャレンジタッチのタブレットは実質無料ということで他のタブレット学習に比べて、お得感があります。ただ、無料にするには条件があります。それは6か月未満で紙教材のチャレンジに変更したり、退会しないということ。

チャレンジタッチ始める時は6か月以上と言わず、小学生の間はずっと受講を継続するつもりでも、続けたくても辞めざるを得なくなったなど事情が変わることはあります。

チャレンジタッチを受講してみたけど、タブレット学習が合わなかったから紙のチャレンジ変更したくなったとか、子どもが全くやらなくなったとか、理由は色々だと思いますが、6か月未満だとタブレット料金が発生するため後悔してしまいます。

6か月未満でのチャレンジへの変更や退会で請求されるタブレット料金は9,900円です。

ちなみに同じくタブレット学習のスマイルゼミは、12か月以上の継続を前提でタブレット代金は10,978円です。チャレンジタッチのタブレット実質無料を見ていると、一瞬どういうことか理解できませんよね。

スマイルゼミの場合、受講期間に関わらずタブレット代金は受講料金とは別に必ず10,978円必要で、さらに6か月未満で解約しようもんなら、タブレット代金32,802円も請求されるんです!

\ キャンペーンをチェックする /

チャレンジタッチで後悔しないために

ほったらかしにしない

チャレンジタッチ受講してから後悔しないために、いくら一人で学習ができるチャレンジタッチであっても、完全にほったらかしにしないことでは無いでしょうか。

チャレンジタッチはゲーム系のコンテンツや電子書籍など、メインレッスン以外にも充実した学習コンテンツがあり、またタブレットで勉強ということで、子どもの最初の食いつきはとても良いです。

新しいおもちゃを買ってもらったぐらいの感覚かも知れませんね。

最初の頃は、自ら意欲的にチャレンジタッチで勉強しているとか、子どもが面白いと言っているといった口コミを多く見かけますが、最初だけという可能性もあります。

そのため、ほったらかしにしていたらいつの間にかやらなくなっていたとか、勉強していると思ったら遊び系コンテンツで遊んでいたとか、後悔しないためにも、勉強が習慣化するまでは、勉強の間そばにいてあげたいものです。

体験教材や体験コーナーを試しておく

タブレットでの学習は、親の世代には無かった通信教育教材です。そのため、チャレンジタッチを受講し始めたけど思っていたのと違ったとか、思わぬデメリットがあったなど後悔することになるかも知れません。

チャレンジタッチはコスパが良く、学習コンテンツは充実、丸つけ自動、映像や解説が分かりやすいというメリットはもちろんありますが、子どもによっては紙のテキスト教材であるチャレンジの方が向いている可能性もあります。

チャレンジタッチの実物を体験できる体験会はありますが、期間や場所が限定されていてなかなか難しいものがあります。体験会の他に、WEBで体験できたり動画で活用法を見たりすることができるので、検討の参考になると思います。

また、紙のチャレンジは資料請求することで、無料の体験教材がもらえるので、あわせてチャレンジも検討してみるのもおすすめです。

キャンペーンを利用する

チャレンジタッチは6か月未満の退会やチャレンジへの変更でもタブレットを返却すれば無料になるキャンペーンをよく実施しています。

このキャンペーンを利用すれば、受講してみたけど思ってたのと違ったとか、やっぱり紙のチャレンジにしておけば良かったと後悔しながら6か月間受講する必要はなくなります。

ただ、チャレンジタッチは最低受講期間は2か月と定められていますので、最短2か月は受講が必要になりますが、逆にいうと辞めるかチャレンジへの変更かは、2か月間ぐらいの期間は必要でしょう。

チャレンジタッチを始めてみようかどうか迷われている方は、キャンペーンを利用してみてはいかがでしょうか。

タブレット返却で無料の他にもチャレンジタッチはよくお得なキャンペーンを実施していますので、公式サイトで時々チェックしてみてください。

\ キャンペーンをチェックする /

チャレンジタッチの後悔まとめ

チャレンジタッチを受講して後悔した口コミを元に、後悔する理由やデメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

チャレンジタッチは他の通信教育に比べて料金も安く、学習サービスは充実しているためとてもコスパの良い教材になっていて、受講者数も多いのが特徴です。

受講者数が多いというのはそれだけ多くの家庭で支持されている証拠ではあるのですが、受講者数が多いので自然とデメリットや教材が合わず後悔したというネガティブな口コミも目にする機会が増えてしまいます。

チャレンジタッチを受講しようかどうか迷われている方にとっては、他人の後悔したという口コミは気になってしまいますが、タブレット学習は子どもによって合わない場合もあるようですので、全ての子や家庭が当てはまるわけではありません。

とはいえ、同じように後悔しないためにも、あらかじめどういうところに気をつけておくべきか、通信教育やタブレット学習選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

通信教育でタブレット学習と決めている場合は、進研ゼミは通信教育の中では、受講者も多くいわゆる王道ですので、チャレンジタッチを選んで間違いは無いと思います。

\ 資料請求・申込 /

チャレンジタッチの口コミをもっと知りたい方は下記をどうぞ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次