成績が伸びない!小学生・中学生の家庭教師は意味ないの?

家庭教師小中学生の子育て

中学受験をしなくても、最近は小学生の子供を塾ではなく、家庭教師をつけて家庭学習をしている家庭が増えてきました。

我が家でも何とか娘の勉強の成績を上げたいので、検討中です。周囲の家庭教師をつけて家庭学習をしている子供のお父さん・お母さんに家庭教師は意味あるのか、意味ないのかを聞いてみましたので記事としてまとめました。

スポンサーリンク

家庭教師は意味ないの?成績が伸びない理由は?

塾よりも比較的高い料金のかかる家庭教師ですが、「家庭教師は意味ないよ」なんて言われたらショックですよね。そもそも家庭教師や塾というのは勉強の成績を上げるために雇ったり、通ったりするものです。

何か月も家庭教師をお願いしていて成績が上がらないのであれば、それでは意味ないですよね。ではなぜ家庭教師をつけて成績が上がる子供と成績の上がらない子供がでてくるのでしょうか。

成績が伸びない最も大きな理由は「子供のやる気」です。なんか身もふたもない結論ですね。。。

子供にやる気が無い場合、プロの家庭教師が必要!

勉強するのは子供です。家庭教師ではありません。その本人が勉強に対して全くやる気が無い場合、成績を上げるというのは至難の業です。

しかし実は教える側である家庭教師の能力によっても結果は変わります。家庭教師が大学生のアルバイトだったら、子供の勉強に対するやる気を上げるなんてことは考えないですよね。あくまでその場の時給が目的ですからしかたがありません。

ではプロの家庭教師だったらどうでしょう。プロと名乗るためには実績や評価が自分の将来につながるため、子供の成績が上がらない理由が「やる気が無い」場合、やる気を上げることを優先することでしょう。

プロの家庭教師にとっては、勉強を教えることがゴールではなく、教え子の成績を上げることがゴールと認識しているからです。家庭教師を選ぶとき子供が勉強に対するやる気があるかどうかで、どんな家庭教師を選ぶか判断するのも必要でしょう。

これでは伸びない!意味のない家庭教師の使い方

子供の成績が悪くとにかく成績を伸ばしたい!そんな思いで家庭教師をつければ何とかなると思ったら大間違いです。

家庭教師の有効な使い方は、分からないところを分かるまで教えてもらうことや勉強の仕方を教えてもらうことにあります。

もちろん全く家庭で学習時間がとれていない場合、家庭教師が来る時間は強制的な勉強時間になりますので、これだけで多少なりとも成績は伸びることになるでしょうが、飛躍的な伸びを求めるのは難しいでしょう。時間的にはとても短時間ですからね。それだったら、比較的料金の安い塾で十分です。家庭教師をつける意味はないでしょう。

家庭教師を使う最大のメリットといえば、マンツーマンで勉強を教えてもらえるということでは無いでしょうか。多人数の塾だと勉強のでき無い子供は切り捨てられます。また多人数であるため子供自身も自分だけが分からないところを教えてもらうというのは、気が引けることでしょう。おとなしい子供や空気を読める子供であればなおさらそうなります。

家庭教師の場合は、分からないところを理解できるようになるまで、遠慮することなくじっくり教えてもらえることができます。これを最大限有効利用するたには、普段から家庭学習の時間をとり、勉強の分からないところを家庭教師にが来るまでに、ためておくのです。

そしてそれを家庭教師に理解するまでじっくり教えてもらうのです。子供自ら理解できるような問題を家庭教師に教えてもらっては時間とお金の無駄で、家庭教師を使う意味ないですよね。

小学生の勉強は親で十分?家庭教師は意味ないのか?

親が例え教師や講師といった勉強を教えるプロであっても、他人の子供を教えるのと我が子を教えるのは勝手が違います。他人の子供であれば、冷静に教えることができても、我が子となるとどうしても感情的になってしまいます。

これは親であれば誰もが共感できることでしょう。中学生の勉強はさすがに難しいこともありますが、小学生の勉強程度なら親でも教えることができますが、どうしても感情的になってしまいます。なんでこんな簡単な問題が分からないの!?ってね。

時には子供に対してイライラしてしまうこともあるでしょう。子供もそんなイライラしながら勉強を教えられたら、冷静でいられないでしょうし、それが理由で勉強嫌いになってしまうかもしれません。

また、子供にしても親に対しては甘える気持ちが生じます。学校の先生や家庭教師の言葉には聞く耳をもっても、親が教えることには素直に聞き入れないかもしれません。親に対しての甘えがあるため、勉強に対して真剣に取り組まないかもしれません。

家庭教師の場合、そういった親子間の感情という障壁がありません。そのためたとえ小学生の勉強であっても、家庭教師が教える意味があるのです。

家庭教師はよく検討しておきたい

家庭教師の質はとても大切です。とりあえず大手だから任せておけば安心というのは間違った考えかもしれません。無料体験受講を実施している業者もあるため、複数業者にお願いして吟味するのがいいかもしれませんね。

家庭教師資料請求

家庭教師の一括資料請求、子供にあう家庭教師診断をしてみる

最近、増えてきたインターネット(オンライン)家庭教師とはどういったものでしょうか。訪問家庭教師に比べて、メリットやデメリットをまとめてみました。従来の訪問型家庭教師と合わせて検討してみても良いかもしれません。

まとめ

家庭教師を意味のないもにのにするか、どうかは使い方次第という内容を紹介しました。勉強の成績が悪いから、とりあえず家庭教師をつけて勉強させれば何とかなる、そう考えていては、せっかく高い料金を払って来てもらう家庭教師を意味のないものにしてしまいます。

家庭教師を意味あるものにするためには、子供のやる気と家庭教師の使い方が大切になります。このあたりは最初に子供、家庭教師とそれぞれしっかり話をしておくことべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました