積立(つみたて)NISAの限度額は家族で増やす!

つみたてNISAの限度額仕事と貯蓄

積立(つみたて)NISAに限度額はあるの?限度額は増やせないの?

積立(つみたて)NISAとは、2018年1月からスタートした、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

分配金や譲渡益に税金かからないという、教育資金や老後資金の資産形成のために、国が推進する制度で、税金がかからないので一般の積立投資信託に比べて、めちゃくちゃお得な制度です。

そんなお得な積立(つみたて)NISAですが、さすがに非課税投資枠という限度額があります。その限度額と証券会社で設定できる限度額、そして限度額を増やす工夫について、分かりやすくご説明しますね。

限度額を増やす工夫って、タイトルに「家族で増やす」って書いちゃってますけど!(笑)

スポンサーリンク

積立(つみたて)NISAの限度額

積立(つみたて)NISAの限度額は、1年間に40万円となります。最長20年間ですから、40万円×20年間で最大800万円ということになりますね。この「1年間」というのは、1月1日から12月31日までの期間です。

そして、1年間に40万円を超えなかったからと言って、使用しなかった非課税投資枠を翌年に繰り越すことはできません。例えば、今年30万円分を投資したから、残りの10万円分を翌年に繰り越して、限度額を50万円にすることはできないということです。

目いっぱい使っても、ちょっとしか使わなくても、積立(つみたて)NISAの1年間の限度額は40万円ですよ、ってことです。

証券会社の積立(つみたて)NISAの設定限度額

証券会社各社のインターネットでの積立(つみたて)NISA買い付けには、設定上限額が設けられています。というかそんなの当たり前ですけどね。一応、心配な方向けにということで。

例えば、SBI証券では、下記のような上限が設けられています。設定画面にコースに応じた上限額が表示されていますので分かりやすいですね。

<1回あたりの設定金額の上限>
・毎月コース ⇒ 33,333円(=40万円÷12ヶ月)
・毎週コース ⇒ 7,692円(=40万円÷52週)
・毎日コース ⇒ 1,619円(=40万円÷247日)
※年の途中で設定する場合も上記設定金額の上限は変わりません。

出典:SBI証券

1年の途中から、積立(つみたて)NISAを開始して、40万円の限度額を超えない場合、SBI証券や楽天証券などでは、ボーナス月設定などを利用して、投資可能枠を使い切ることができますよ。

家族で増やす、積立(つみたて)NISAの限度額

積立投資で得た利益に対して税金のかからない、めちゃくちゃお得な制度である積立(つみたて)NISA。年間40万円の限度額以上に積立投資を行いたいという方もいるのではないでしょうか。

もう、タイトルにも答え書いちゃってますが、家族みんなでNISA口座を開設すれば、その分限度額は増えますよね。

積立(つみたて)NISAを検討している人は、若い独身者よりも結婚して子供もいて、子供の教育資金や老後資金の資産形成を考えている人が多いのでは無いでしょうか。私も積立投資を始めたきっかけは、子供の教育資金のためでした。

児童手当を元手に積立投資信託を行った結果を公開している記事はこちらからどうぞ

NISA口座は、一人一口座という制限がありますが、夫婦で積立(つみたて)NISAを利用すれば、二人で一年間に80万円まで非課税投資枠を利用することができますよね。また、教育資金の資産形成ということであれば、2023年まではジュニアNISAを使うこともできます。

NISA口座を家族全員で開設することで、非課税投資枠は、目いっぱい限度額を増やせますね。積立(つみたて)NISAの年間限度額じゃ足りないよって方は検討してみてはいかがでしょうか。

ジュニアNISAは、未成年者の子供本人名義で開設します。年間80万円の非課税投資枠で最長5年間。投資可能期間は2023年までの時限制度です。

まとめ:積立(つみたて)NISAの限度額

積立(つみたて)NISAの限度額について説明してきました。通常の積立投資信託では利益に税金がかかってしまいますが、積立(つみたて)NISAでは投資で得た利益に税金がかからずお得ですよね。年間40万円という限度額で十分という方にとっては申し分のない制度です。

現状の生活費に少し余裕があったり、目標の教育資金や老後資金の資産形成するためには、年間40万円の限度額では足らないという方は、夫婦で口座を開設して、二人分の限度額を足して運用するというのは良い手だと思いますよ。

貯蓄から投資での資産形成という時代の流れです。国が税金をかけないよって言ってるわけですから、最大限に使わない手はないですよね。

タイトルとURLをコピーしました