スマイルゼミの評判はいまいちで最悪?幼児・小学生・中学生の口コミ

テレビCM等でもよく見かけるようになった『スマイルゼミ』ですが、通信教育教材はたくさんあって、子どもにどの教材を選んだらよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

SNS等でもママたちが幼児・小学生・中学生の子どもたちの受講している様子や評判・口コミを書き込んでいて、通信教育教材を選ぶうえでリアルな声を見ることができて参考になります。

そこで、スマイルゼミの幼児・小学生・中学生のコース別に評判・口コミをもとに良い点・悪い点をご紹介します。スマイルゼミは最悪と言われるいちまいち評判の良くない理由もあわせて紹介しています。

目次

スマイルゼミは最悪?評判がいまいち良くない理由

スマイルゼミの口コミや評判でよく見聞きするのが「いまいち」とか「最悪」といった内容で、スマイルゼミを受講しようと検討している方にはとても気になります。

そんなスマイルゼミの悪い評判が気になる方向けに、スマイルゼミのどこの何が「いまいち」とか「最悪」と言われているかをご紹介します。

スマイルゼミの悪い評判
  • 受講料金が高い
  • タブレット端末代金が別途必要
  • 12か月未満の解約で追加請求がある
  • 学習内容が簡単
  • テキスト教材が無い
  • 添削指導が無い
  • ゲームが目的になる
  • 通信障害が起きると致命的

最悪な理由No.1「タブレット料金が追加請求される」

スマイルゼミは実は受講料のほかにタブレット端末代金が別途かかってしまいます。あまり調べずにスマイルゼミを受講した場合、タブレット端末代金が別途かかってしまうことに、最悪と評してしまうかもしれませんね。

タブレット端末代金は、10,978円です。これを安いとみるか高いとみるかは人それぞれになりますが、受講料にはタブレット料金が含まれていると思っていた方には、高いと感じてしまう方が多いかもしれません。

さらに、スマイルゼミが最悪!と評判を悪くしているのが、12か月未満の解約でタブレット端末代金が追加請求される点です。

タブレット端末代金は、10,978円とご紹介しましたが、実は条件があり、この料金になるのは12か月以上の契約が前提となっているんです。

12か月未満の解約で7,678円、6か月未満の解約で32,802円が追加請求されてしまいます。初期料金が1万円ちょっとなら、高いと思わなかった人でもさすがに、3万円が追加請求されたら最悪!と言ってしまうのも分からなくはないですね。

しかも、学習システムやサービス内容に満足できなかった人が早期に解約している場合、追い打ちをかけるように追加請求されるわけですから、心情としては「スマイルゼミは最悪!」となって当然でしょうね。

とはいえ、スマイルゼミは株式会社イードが実施する顧客満足度調査で「子ども英語教材」において、保護者が選ぶ満足度No.1に2年連続受賞するほどの教材です。

子ども英語教材

つまり、これだけ顧客満足度の良いスマイルゼミの評判がいまいちなのは、短期で解約してしまった方が悪く評価しているためと考えた方が良さそうです。

受講料金が高い

スマイルゼミの受講料金が高いというのは他の教材との比較ということになりますが、スマイルゼミとよく比較されるのがこどもちゃれんじや進研ゼミ。

教材ごとに特徴があり、単純に料金だけ比較するのもよくないのですが、どうしても同じような教材で有名なベネッセの教材と比べてしまう方が多いようです。

それでは参考程度に、年長・小学1年生・中学1年生のスマイルゼミとベネッセの教材を毎月払いの料金を比べるとどのぐらいの差があるか見てみましょう。

教材年長小学1年生中学1年生
スマイルゼミ(毎月払い)3,960円4,268円8,580円
ベネッセ教材(毎月払い)2,980円3,680円7,670円

こうやって料金だけを単純比較するとスマイルゼミが高いですが、実はこれ、ベネッセの教材が安すぎるということもいえます。実際、ベネッセの教育教材はスマイルゼミ以外の教材と比べても安くなっています。

特に幼児向けのスマイルゼミとこどもちゃれんじは、全く別物の教材ですので、通信教育教材を選ぶ際には、料金だけではなく総合的な内容で比較するのをおすすめします。

学習内容が簡単でいまいち

学習内容が簡単というのもよく言われるスマイルゼミの評判。通信教育教材はたくさんあり、難易度はまちまちですが、スマイルゼミが特別簡単というわけではなく、通信教育教材としては標準的なレベルです。

幼児コースについては子どもの月齢の差によって、簡単・難しいという評価は分かれるかもしれませんが、どの幼児向け通信教育教材も学習に興味を持たせるということに重きが置かれて工夫がされています。

スマイルゼミ小学生コースの場合、標準クラスは教科書対応で、学習習慣を定着させることに重きが置かているため、比較的簡単といえます。

しかし、物足りない子ども向けに発展クラスが用意されており、教科書の範囲を超えた問題を解く力を養えるよう応用問題が追加され、標準クラスと比べて 学習時間が約1.5倍の学習量になります。

さらにスマイルゼミ中学コースの特進クラスともなると、現学年の1つ上の学年分までの範囲が学習可能となるため、得意教科はどんどん先に学習を進めることができるため、決して学習内容は簡単というわけではありません。

紙のテキスト教材が一切ない

スマイルゼミはテキスト教材は無く、学習に必要なすべてがタブレット一つに集約されているのが売りになっている一方、テキスト教材が一切ないのは評判を下げる一因にもなっています。

スマイルゼミの幼児コースや小学生低学年の場合、字をきれいに書くといった練習にはやはりテキスト教材である紙に軍配が上がります。

ただ、正しい書き順を覚えるにはスマイルゼミのようなタブレット学習は紙よりも分かりやすかったりしますし、スマイルゼミのタブレットは紙の上のように手のひらをついて書けるようになっているなど工夫がされています。

画面の上に手をついても大丈夫

紙のテキスト教材があるなしについては、一長一短ですね。

小学生中学生コースに添削指導がない

スマイルゼミの小学生コースや中学生コースですが、残念ながら添削指導のサービスはありません。赤ペン先生で有名な進研ゼミを始め、Z会など他の通信教育には添削指導があるため、比べるとスマイルゼミはいまいち。

進研ゼミやZ会の添削指導はなんと担任制。人が添削するからこその血の通ったコミュニケーションがやる気にもつながります。

スマイルゼミは添削サービスが無いにも関わらず受講料金が高めであるため、残念なポイントになっています。

ただ、実際に受講してみたらわかるのですが、紙教材の添削サービスは郵送しなければならず、細かいところですが、切手は必要ですし、郵送って結構面倒だったりするんですよね。

添削サービスを特に必要と感じない保護者さんにとっては、特にデメリットにはならないですね。

ゲームが目的になってしまう

スマイルゼミのゲーム

スマイルゼミのようなタブレット学習にはゲームコンテンツが付属されていることが多いのですが、このゲームがやりたいがために学習に取り組むなんていうことにもなりかねません。

ただ、小学生低学年ぐらいの場合、目的がゲームであってもまずは、勉強の習慣づけというのが大きな目標になりますので、やり過ぎない程度あれば子どもが好きなゲームも使いようということかもしれません。

通信障害は最悪

スマイルゼミの通信障害を気にされる方もいるかもしれませんが、スマイルゼミの運営側の通信障害はアクセス集中など稀に発生しますが、実はほとんど発生しません。

口コミで見聞きするスマイルゼミの通信障害という内容はの多くの場合は、ユーザー側のwifi環境の問題が多いようですので、スマイルゼミの評判と勘違いしないように気をつけたいところです。

とはいえ、通信障害の場合は最悪です。せっかくの子どものやる気を削ぐことになってしまいます。

スマイルゼミのようなタブレット学習はインターネット環境があることが必須条件のため、当たり前となった自宅のwifi環境でも、あまり詳しくない保護者さんは通信のトラブル時に困ってしまいます。

この点を考えると紙教材の一切ないスマイルゼミにとって、通信障害は最悪ですね、単なる高価な板と化すタブレット…。

タブレットに不具合が出たら最悪

スマイルゼミはタブレット学習のため、どんな素晴らしい学習システムもタブレットに不具合があった場合、まさに最悪です。

市販のタブレットやPCでも同じことが言えますが、タブレットは機械ですから、非常にまれであるとはいえ不具合が出ないとは言い切れません。

SNSでの口コミでも数は非常に少ないですが、タブレットの不具合に関するものも見かけることがあります。初期不良の場合は、はずれを引いたと諦めてスマイルゼミ運営会社に連絡するしかありません。

ただ、スマイルゼミのタブレットは壊れた場合に特別価格で交換してくれる「タブレットあんしんサポート」という保険に加入することができます。

費用はかかりますが、幼児や小学生低学年の子どもがタブレットを壊してしまうことが心配な方は加入するのが無難です。

スマイルゼミ幼児コースの口コミ

楽しみながら勉強

スマイルゼミは二人で英語プレミアムのチェック問題に大盛り上がりただのゲームだと思ってるもようです

結局、年長の娘も始めました(笑)
6月がお誕生日だったので、お誕生日プレゼントとして。ずっと欲しがってただけあって、毎日コツコツやってます。小学生版と違い、最高30分しかできないので始めは怒り心頭でしたが(笑)まだお勉強させるつもりはなかったけど、ひらがなの筆順とか見てなくても覚えてくれるので助かってます。

飽きっぽい、そして出来ないとすぐ癇癪を起こす次男ですが、スマイルゼミは親の手を借りず楽しく続けています。

スマイルゼミは学習教材ですが子どもが親におねだりして欲しがるケースも多いようです。今どきの子どもは、普段からスマホやタブレットのゲームアプリで遊んでいることも影響しているのかもしれません。

タブレット教材であるスマイルゼミは、その強みを活かし、ゲーム感覚で勉強できるように工夫がされており、特に幼児や小学生低学年には、学習教材として取り組むにはとてもハードルが低くなっています。

英語プレミアムが好評

クリスマスプレゼントにリクエストされたスマイルゼミ
今のところ大好きで時間を決めて毎日やっています(^^)d
特に英語プレミアムが好きなよう。クイズみたいな感じなので面白いみたい(^^)
ほとんど一人でやっていて、知らない単語でも自分で何回もトライして勝手に覚えていって母はおどろかされています。

英語プレミアムはオプション講座で、HOP(小学校低学年相当)とSTEP(小学校中学年以上相当)の2コースがあります。

幼児が受講するには少し難しいかもしれませんが、耳のやわらかいこの時期だからこそ、繰り返しトライすることで正しい発音が身に付き、どんどん英単語を覚えることできます。

タブレット教材ならではのメリット

タブレットは準備するものがほとんどないのでどこでも出来るのが嬉しいですね

デジタル教材は何度でも繰り返しできるから、兄の1台で二人楽しんでるところがいいところ☆
本当はそろそろ一人一台にしてあげたいところだけど、もう少し我慢してもらいます

紙教材の通信教育と異なり、タブレット教材ならではのメリットがあります。準備物が必要なくどこでも勉強ができたり、何度でも繰り返しできるという点は、勉強するうえでは大きなメリットになりますね。

地味なメリットですが紙教材は何度も書き間違えや解き直しで、消しゴムを使用するから消しゴムのカスがテキストの間に詰まったり、机が消しゴムのカスだらけにならないのも、きれい好きママには助かります。

正しく認識されない・コツがいる

1月の講座からひらがなの書練習が口コミできちんと認識されなかったり
厳しくてなかなか○にならないと聞いていたのでどうなるかと心配でしたが、
息子にゆっくりきれいに書いたら○になるからねと
いい聞かせ何とかコツをつかんだようです

紙教材ではなくタブレットであることのデメリットはやはりあります。中でも正しく認識されないという口コミは多く、コツをつかむことによって、正しく認識されないということは防げるので、慣れが必要です。

やりすぎも保護者がコントロール

楽しくスマイルゼミ。
最近、15分では物足りないらしいので、親の設定で時間を長くしてあげました。「勉強大好き。もっとやりたい!」
10年後もこの言葉聞きたいなあ。

うちの娘も5歳ですがスマイルゼミをやってます。
幼稚園から帰ったらスマイルゼミをやる習慣はつきました。
集中力もつきました
時間数も選べますのでやりすぎないです

楽しんで勉強に取り組むことは良いのですが、長時間タブレットを見続けるのはやはり親としては心配です。スマイルゼミでは時間設定ができるため、やり過ぎないようにコントロールすることはできます。

学習を始めて30分を過ぎるとその日は新たな学習ができないよう制限がかかっています。もちろんこの設定は変更することも可能です。

子ども一人でも学習できるのが良い

スマイルゼミは、我が家はほんとに1人で取り組みますが
近くでやるので間違えた時もやり直しになった時も音で判断します

今年から社会復帰したので子供達に付きっきりにならなくて良いので私向けです。
長女もタブレットに馴れてたおかげで幼稚園のプログラミングの授業でもスムーズに使えたみたいです。
ひらがなも上手に書けるようになりました。

スマイルゼミは子供一人でも学習できるようサポート機能がたくさん盛り込まれています。児童マル付け機能はもちろんのこと、文字が読めない子供向けに文章読み上げ機能もあります。

通信教育は家庭での学習のため、意外と親への負担が大きくなるのも事実。しかしスマイルゼミはタブレット任せにできるため、親への負担が軽くなるのは魅力的ですね。

\ 資料請求でもっと詳しく /

スマイルゼミ小学生コースの口コミ

学年を超えた復習ができないので残念

スマイルゼミは、先取り学習ではないのですが、カタカナは年長から出てくるようです
我が家の長男がスマイルゼミを始めたきっかけは…
カタカナは読めるものの、いざ書くとなると思い出せないことが多くて、カタカナの自宅用ドリルにも手を付けなくなってしまい、スマイルゼミならできるかも?!と、始めてみたものの、10月入会以降カタカナは一切出てきていません。残念
年長講座からやってればよかった

スマイルゼミ小学生コースは学年を超えた復習や配信済みの学習をすることができないのが残念なところ。スマイルゼミを始めるなら早めの受講がおすすめです。

保護者が助かる

スマイルゼミは親とのラインのようなやり取りもできるし(幼児は×)、みまもるネットで何をやったか、やり残しはないかなどのチェックもできます。
と言っても、細かな中身までのチェックはできませんが
昨日はお家引きこもりdayだったので、なんだかんだ144分位勉強してたようです。ホントかな…(笑)

スマイルゼミは保護者が子どもの学習状況を把握することができ、専用アプリで子どもと連絡のやりとりができるため、共働き夫婦や忙しい保護者にとってはとても助かります。

さらに保護者向けメリットでいうと、もちろんタブレット学習のため、丸付けも自動!これが何よりメリットと評価している保護者さんも多いはず。

紙の教材だと丸付けは保護者の仕事になりますが、子どもが頑張って勉強しているため、どれだけ忙しくても放置することはできず、学年が上がれば上がるほど勉強内容も難しくなるため負担が大きくなっていきます。

やる気が出る仕組みが評判

11月のスゴいキミにも表彰され(凄いのかわからんが…)まだまだやる気が続いている今日この頃。
スマイルゼミをはじめて2ヶ月目、返却されたテストが100点が多いのと、いままで国語や算数の文章問題のボンミスが多かったのがだいぶ減りました。
昨日は漢字のカラーテスト100点! 一年生なら当たり前かなともおもったけど、クラスで100点は息子含め二人しかいなかったそうな…
これもスマイルゼミのおかげか…?!

10月下旬に始めてから2週間が過ぎ、お試し期間も過ぎました。
長男も次男もすごくスマイルゼミにハマっています。
長男はすごい勢いで問題をこなしていくからか、すぐに発展コースのオススメがきて、迷いに迷って発展コースへ変更しました。
そんな昨日、
「ママー!みて!今月のすごいキミに僕が出てる!」 と。
見てみると、あらほんとだ!
ついこの間までランク外だったのにプラチナになってる!
どういう仕組みで選ばれるのかよくわからないけど、本人は喜んでてモチベーションもup!

スマイルゼミが届いてから、本当に1日も欠かさずやってます。6月の配信分はとっくに終わってしまい、でもゲームやるためにはお勉強してスターを集めないといけないので、漢字や計算など仕方なくやるおかげで、計算が早くなりました。ラリホー。
私の方に送られてくるお勉強の結果を見ると、「図を使って考える」が苦手らしいので、そこだけ横について教えてます。勝手にやらせるだけじゃなくて、子どもの苦手も知ることができるので効率的に勉強を見てあげられる。
天才なんか?スマイルゼミ。

スマイルゼミは楽しくて子どもがハマるというのはよく言われるスマイルゼミの良い口コミの代表格です。スマイルゼミは、特に小学生低学年の子どものやる気を引き出してくれます。

中でも評判が良いのが「スゴいキミ」。まるでゲームのように、勉強を頑張った分だけランクが上がり、全国のみんなの前で表彰され、モチベーションが上がります。

また、時にはやりすぎの心配になるゲームアプリですが、講座やドリルをしてスターを集めないと遊べないため、学習を継続する良い仕組みになっています。

教科書対応だから予習の効果あり

毎日自らやってくれるし、苦手な計算も速くできるようになってきました!
「おかあさん、学校の授業が簡単なの!スマイルゼミでやったところばっかりなんだもん。」と新学期学校から帰ってきて嬉しそうに報告してくれました。
この調子でがんばれ。

通信教育は基本的には学校の授業よりも進度が早く、継続することで自然と予習することになります。スマイルゼミは教科書対応だから、スマイルゼミで出た問題と同じ問題がテストで出ることも。

標準クラスの内容が簡単

我が家もスマイルゼミだよ でも少し簡単めなのかな…もう一つのコースにしたよ。
勉強以外にもやればやるほどゲームも出来るし、私には内緒で旦那とよくメールのやり取りもしてるみたい…
しかし今はタブレットだなんて…本当うちらの時代では考えられなかったよね…

スマイルゼミの小学生コースでは標準クラスと発展クラスを選ぶことができますが、標準クラスは簡単というのはよく言われる口コミです。

標準クラスが簡単にできてしまう子どもには、発展クラスがおすすめで、発展クラスを選ぶと教科書範囲を超えた応用問題が追加され、学習量は標準クラスの1.5倍になります。

サポート窓口の対応が悪いという口コミも

スマイルゼミはじめて数週間経ちました。タブレットの不具合があるためなんども問い合わせしましたが、なんの連絡もありません。再度連絡するとまた同じ内容を確認され、進展もありません。すぐに連絡くださいと言っても、数週間なんの連絡もありません。入会してしまえばその後は放置ということでしょうか…

\ 資料請求はコチラ /

スマイルゼミ中学生コースの口コミ

塾の代わりにも使える

ものすんごぉぉーーーく成績の下がった中1の兄さん。
落ち込みすぎてまずできることを考えて、
田舎だから塾は行って帰ってする時間がねぇ。
とりあえずスマイルゼミ中学講座に辿りつきました。
これでもムリなら塾行くしかねぇ。。。 わたしと一緒で頭の中の整理が苦手で
これは明確にどこまでやったかどこをやったかわかるからイイかも

スマイルゼミといえば、幼児や小学生に人気の通信教育教材ですが、中学生コースも口コミでは評判は上々です。

田舎住まいだと近くに塾が無いこともあり、その場合、スマイルゼミをはじめとした通信教育は大きな味方になってくれます。また、都市部であっても通塾には、料金面や往復時間などのデメリットがあるのも事実。

スマイルゼミの中学生コースの大きなメリットの一つは、個別指導式の仕組み。どんな授業進度にもぴったりと合わせることができ、学習状況に応じて取り組むべき内容をナビゲーションしてくれます。

また、間違いを解析して一人ひとりに合わせた苦手対策講座で、つまづきの原因までさかのぼって苦手を解消することができます。

これはまさに個別指導塾に近い学習方法で、集団塾ではつまづきの原因までさかのぼって指導してくれるようなことはありませんので、塾以上といえるかもしれません。

定期テスト対策モードの評判が良い

スマイルゼミには定期対策モードというものがあり、テストのスケジュール、テスト範囲を登録すると14日前から定期テスト対策モードに切り替えることができます。
定期テスト対策モードでは、テスト範囲に加え、こどもの習熟度にあわせて、優先に勉強した方がいい単元ドリルなどが出てきて、一人一人にカスタマイズしてくれます。
一度間違えたものはまた出てきたりということが自動でおこなわれるので、何も考えずにひたすらこれをやってればOKという感じ。
まさにマンツーマン指導です。
きちんとやればテストの点数は上がるはずと思いました。

上記の口コミのように、スマイルゼミには定期テストもバッチリ対策することができます。テスト範囲に応じて一人ひとりの理解度に合わせた対策講座を配信、苦手単元で優先して効率よく勉強ができます。

自分で対策を考える必要がないから、まさにスマイルゼミ先生にお任せする感じですね。

高校入試では内申点が重要になり、都道府県によって違いはありますが、内申点は実技教科の配点が大きいですが、スマイルゼミは実技教科のテスト対策を行うこともできます。

\ まずは資料請求 /

スマイルゼミの良いところ

冒頭でスマイルゼミの評判がいまいちとか、最悪といった口コミをご紹介しましたが、これら評価は家庭環境や子どもの向き不向きに大きく左右されるので、スマイルゼミを検討されている方は、あくまで参考程度にしたほうが良いです。

スマイルゼミはもちろん多くの良いところがあります。当たり前すぎていうのもはばかるぐらいですが、悪いところよりも良いところの方が圧倒的に多くないと、これだけ多くの子どもの受講者はいませんから(笑)

そこで特にスマイルゼミの良いところをいくつかご紹介します。

幼児や小学生低学年でも一人で学習できる

スマイルゼミは幼児や小学生低学年でも一人で学習ができるのが大きな魅力。共働き夫婦が増えつつある昨今、なかなか子どもの家庭での学習を横について教えてあげるというのは難しくなりました。

これは共働き夫婦だけに関わらず、ママは何かと忙しいので、子どもが一人で勉強に集中してくれたらとても助かりますが、スマイルゼミはそれを可能にしてくれます。

スマイルゼミは幼児や小学生低学年でも一人で学習できる仕組みがもりだくさんで、保護者は手間をかけることなく、スマイルゼミに任せることができます。

もちろん紙のテキスト教材の通信教育でも一人で勉強することはできますが、わからない問題や苦手な教科でつまづいてしまうこともあり、ある程度の学力と根気が必要になってきます。

家庭で一人で学習できるというのはとても大きなメリットで、まるでスマイルゼミが家庭教師代わり!とは言い過ぎかもしれませんが、それほど子どもにも保護者にもメリットがあります。

スマイルゼミが幼児や小学生でも一人で学習できる仕組み
  • 学習専用タブレットだから子どもに渡しても安心
  • タブレットを起動すると取り組むべき学習をおすすめしてくれる
  • 文字が読めない幼児にも文章を読み上げてくれる
  • 自動丸つけ機能で手間なし
  • 紙のように書けるタブレットだから幼児や小学生低学年でもイライラしない
  • タブレットに全てが集約されているから子ども一人でも準備ができるし片付けも不要
  • 小学生コースは一人ひとりに最適な学習プログラムを生成してくれる
  • 小学生コースでは間違えた問題の解き方や考え方を丁寧に解説してくれる
  • 小学生コースの解き直しシステムで「やり直したの?」という声かけがいらない

小学生で学習習慣が身につく(継続できる)

スマイルゼミだけに関わらず通信教育を数年間継続することができれば、自然と家庭での学習習慣を身につけることができます。

小学生で身についた家庭の学習習慣は、その後の中学や高校での勉強の大きな武器になります。中学では高校入試、高校では大学入試は避けて通れませんが、小さなころに習慣化していないと、苦労することになりかねません。

小学生低学年頃の勉強は簡単ですので、通信教育などの家庭学習は不要とか無駄といった意見も多いですが、そのころの家庭学習は、勉強内容よりもむしろ勉強を習慣化することが重要なんだろうと思います。

スマイルゼミは簡単と言われることもありますが、簡単だからこそ継続できるともいえますし、子どもが継続できる仕組みがあるのもスマイルゼミの魅力の一つです。

スマイルゼミの継続できる仕組み
  • 「スゴいキミ」でみんな前で表彰されてモチベーションアップ
  • 勉強を頑張った分だけもらえる「スター」でご褒美のゲームが楽しめる
  • 一人で学習できる仕組みがあるから継続できる

中学生でも塾いらず

スマイルゼミ中学生コースは口コミのところでもご紹介しましたが、塾代わりにも利用することができます。中学生の多くが塾に通いますが、塾の大きなメリットとなるのは通うことで勉強せざるを得ない環境を作りだせること。

しかし、自宅での学習する習慣が身についてさえいれば、塾だろうが通信教育だろうがそれほど学習内容については大きな差は無いため、通塾時間や費用からも通信教育の方がメリットが大きいです。

スマイルゼミ中学コースは一人ひとりが最適に学習できる個別指導の仕組みがあるため、集団塾と比べるとむしろ効率的でつまづきや苦手教科を作らない学習方法になります。

しかも、学年を超えた教材を学習することができるため、つまいづいたポイントは過去にさかのぼって復習することができますし、特進クラスであれば学年を超えた先取り学習も可能となります。

新中学2年生が2021年4月時点で学習できる範囲

苦手教科の克服のみならず、得意な教科は自分のペースでどんどん進めることができるため、受験勉強も早々に開始することができるというメリットがあります。

また、スマイルゼミでは内申点で重要となる実技教科も対策することができるため、塾よりもむしろ守備範囲が広くなるメリットも見逃せません。

スマイルゼミの塾よりも良いところ
  • 費用が安くて済む
  • 通塾時間が不要
  • 個別指導式で一人ひとりに最適な学習ができる
  • 学年を超えた復習と先取り学習ができる
  • 実技教科対策ができる

英語学習が好評

スマイルゼミで特に評判が良いのが英語学習で、小学生コースの1年生向け講座や幼児コースでも標準配信されています。

タブレット学習はまさに英語教育向けで、耳の柔らかいころからネイティブの英語を聞くことで、聞く力を養うことができます。

オプションではありますが、英語プレミアムを利用することで、1年間の英語学習量が2倍以上となり、聞く・話す・読む・書くの英語4技能を伸ばしてあげることができます。

英語プレミアムでは英検対策を行うことができ、追加で、英検本番前はオーダーメイド型の直前対策を行うこともできます。

小学生で英検3級、というのを目標にしている子も多くなってきていますが、そのために英会話スクールに通わすことを考えたら、スマイルゼミはとてもリーズナブルな英語学習教材です。

英語は、将来、文系理系にどちらに進むにしても必須の教科であり、とても重要な教科の一つですので、子どもには幼児期や小学生のころから早めに取り組み、英語を得意教科としてあげたいものです。

\ 資料請求はコチラ /

スマイルゼミはこんな人に向いている

スマイルゼミが最悪と言われる理由やいまいち評判の良くない理由、またはその逆のスマイルゼミの良いところを口コミを交えながらご紹介しました。

どんな良いサービスでも利用者が多いとある程度、悪い口コミがあるのは致し方ないことで、なぜなら利用する子どもや家庭環境によっては合う合わないがあるからです。

そこで、スマイルゼミの悪い評判と良い評判をもとに、スマイルゼミの向いている子どもや家庭の例を考えてみましたので、スマイルゼミを検討されている保護者さんは参考にしてみてください。

スマイルゼミはこんな子どもや家庭に向いている
  • 紙の教材ではなくタブレットの幼児教育教材を検討している
  • あまりお金をかけずに幼児から英語学習をさせたい
  • 子どもに家庭での学習習慣を身につけさせたい
  • 勉強があまり得意ではないけど塾に通わせるほど家計に余裕がない
  • 忙しくて子どもの勉強をあまり見てあげられない
  • 勉強は苦手でもゲームが好きな子ども
  • まずは教科書レベルの教材で様子を見て難易度を上げたい
  • 学年を超えた復習や先取り学習をしたい中学生

\ 資料請求はコチラ /

スマイルゼミと他の教材との比較

スマイルゼミのような通信教育は塾や家庭教師などと比べるとコスパは非常によく、お金に余裕の無い子育て世帯にはとても助かる学習教材ですが、たくさんの教材があります。

スマイルゼミのメリットデメリットなどをご紹介しましたが、他の通信教育教材と迷っている方も多いのではないでしょうか。わが家も10年以上通信教育を受講していましたが、毎年のように他の教材と比較しながら乗り換えを検討しました。

通信教育教材はそれぞれに良いところと悪いところ、メリットデメリットがあるため全部試してみるのが一番良いのですが、さすがにそんなことするとお金がかかって仕方がありませんよね。

せめて、2社程度までに絞って、お試し教材をやってみるなど、子どもに向いている教材を徹底比較してみるのはいかがでしょう。

そこでスマイルゼミのライバルとなる教材をピックアップし、比較した記事を書いていますので、スマイルゼミとの比較検討の参考にしてみてくださいね。

チャレンジタッチ

小学生向けの通信教育でスマイルゼミとよく比較されるのが、冒頭でも少し触れましたが、ベネッセが提供する進研ゼミ小学講座のチャレンジタッチ。

チャレンジタッチもスマイルゼミ同様にタブレット型の通信教育で似通っている点が多いため、タブレット学習に決めている方は、料金や学習システムを比較してみてはいかがでしょう。

Z会

幼児や小学生低学年でも楽しみながら勉強ができるスマイルゼミですが、子どもの学力によっては簡単でもの足りないと感じられるかもしれません。

学習意欲が高く、学力が高めの子どもにはスマイルゼミの発展クラスがおすすめですが、他の教材と比較する場合、難易度の高い通信教育として定評のあるZ会を合わせて検討してみても良いかもしれません。

小学生向け通信教育をまとめて比較するなら

小学生向け通信教育教材の進研ゼミ・Z会・スマイルゼミ・スタディサプリをまとめて比較した記事を書いていますので、視野を広げて検討してみたい方はこちらを参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる