中学生 子供の足の臭い対策

足スキンケア

中学生の息子と小学生の娘がいますが、子供二人とも超絶足が臭い!特に中学生の息子は部活があるとお風呂で足を洗わせても、なかなか臭いがとれません。納豆臭いというか酸っぱい臭いというか、夏でも冬でも季節関わらず臭いですが、夏場はとくにひどい臭いです。家族が使うお風呂場の足ふきマットに臭いがうつるぐらいです。

このように子供の足の臭いで困っているお母さんやお父さんは、多いのでは無いでしょうか。
そこで我が家でも実践中の子供の足の臭い対策をご紹介します。

スポンサーリンク

足の臭いの原因

足の臭いにおいの原因は雑菌です。足の皮膚の常在菌が、皮脂、古い角質、垢などのタンパク質を分解することによって、臭いが発生します。その臭い成分は、納豆にも含まれるイソ吉草酸と酸っぱい臭いのする酢酸です。だから、足の臭いにおいって、納豆臭かったり、酸っぱい臭いがするんですね。今、臭いを想像しただけで、軽く吐き気がしそうです。

では、なぜ「足」なんでしょう。常在菌は皮膚のどこにでも存在するはずですし、汗、皮脂、角質は足で無くてもあります。同じ理屈なら、足でなくても手であっても背中であっても良いはずですよね。足ばかりがなぜこんなにも臭くなるのでしょうか。

それは、足の裏は汗腺が多く汗をかきやすい場所であること、そして靴下や靴で通気性の悪い場所となるため、温度が上がり湿気が多い状態となることから、雑菌が繁殖しやすくなるのです。

足は汗をよくかく場所だから汗が臭いの元と思いがちですが、本来、汗は無臭です。汗をかくことによって靴の中の湿度が上がることが臭さの一因になるのです。

子供の足の臭い対策

足をよく洗う

雑菌の餌となる角質、皮脂を洗い流し、足を清潔に保つ必要があります。特に爪の間や指の間には汚れが残りやすいため、丁寧に洗い流しましょう。夏場は入浴をシャワーで済ませがちですが、子供の場合、シャワーで体を流しただけで足をきれいに洗っていないことも多いですので、要注意ですね。

同じ靴を毎日

足がひどい臭いの時って、足どころか靴事態も臭くなっていますよね。
お気に入りの靴だからといって、毎日同じ靴を履き続けると雑菌が繁殖を続けることになります。1日靴を履いたら消臭剤や殺菌効果のあるスプレーをし、風通しの良いところで乾燥させて、続けて同じ靴を履かないようにしましょう。

通気性の良い靴を履く

革靴やスニーカーは通気性悪いものが多いです。特に子供が履く靴の場合、防水性が優れている反面、通気性が悪いものが多いですよね。特に夏場は、通気性の良い靴を選ぶことで足の臭い対策の一つとなるでしょう。

サイズの合っていない大きな靴を履かない

子供の靴って、足のサイズの成長が早いため、大きめのサイズを買って履きがちですが、これも足の臭いの一因となります。靴が大きいと足との間に空間ができるため、通気性が良いと思われがちですが、実はこれは逆効果です。

足と靴との空間が広すぎると、歩いても空気が靴の中で滞留して外に出ません。足にフィットした靴の場合、歩く際に靴の中の空気が足との隙間から外に押し出されると同時に、外の新鮮な空気が靴の中に入ってくるため、通気が良くなります。子供の足の臭いがひどい場合は、靴選びも気をつけたいものですね。

足が臭くなる病気を疑ってみる

足が臭くなる病気としては、水虫や足蹠多汗症などがあります。色んな足の臭い対策を実践してみたけど改善しない場合は、足の臭くなる病気も疑った方が良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました