進研ゼミ中学講座タブレット(ハイブリッド)の口コミ評判は良い・悪い?

進研ゼミ中学講座にはハイブリッドスタイルとオリジナルスタイルがありますが、どっちを選んだ良いか迷っている方もを多いのでは無いでしょうか。

簡単に説明するとハイブリッドはメインはタブレット学習で紙の教材と一緒に学習するまさしくハイブリッドな学習スタイルで、一方、オリジナルスタイルは、紙のテキスト教材だけで学習を進めます。

最近では紙教材よりもタブレット学習が人気で、効率よく学習ができるようAIなどの技術が盛り込まれています。

当記事では人気の進研ゼミ中学講座のタブレット(ハイブリッド)の気になる悪い口コミと良い口コミと、評判から分かるメリットデメリットをご紹介します。

目次

進研ゼミ中学講座タブレット(ハイブリッド)の悪い口コミ評判

タブレットの反応がいまいち

進研ゼミ中学講座悪い口コミ評判「タブレットの反応がいまいち」

タブレット学習にありがちな悪い口コミ評判の代表格といっても過言ではないのが、紙教材とは違って書きづらさがあったり、接触が悪いと感じることも。

これは進研ゼミに関わらず、Z会やスマイルゼミでもタブレット学習においては同様の口コミ評判はよく見聞きします。

進研ゼミは途中で紙のオリジナルスタイルに切り替えることもできるため、タブレット学習が合わないと感じる場合は、紙教材に変えてみても良いかもしれません。

ネットがつながらない時がある

進研ゼミ中学講座悪い口コミ評判「ネットがつながらない時がある」

こちらもタブレット学習によくある悪い口コミ。ただネットがつながらない場合、原因は進研ゼミのサーバー側と自宅のwifi側の両方の可能性があります。

最近では進研ゼミのサーバー側での障害によってネットがつながらないということはあまりおきていないようです。

タブレットだって挫折する

進研ゼミ中学講座悪い口コミ評判「タブレットだって挫折する」

紙のテキストは目に見えかたちで教材がたまっていってやる気を無くして挫折なんてこともありがちで、タブレットなら紙教材よりも継続しやすいといった口コミ評判も見聞きしますが、取り組み方次第でタブレットでも同じ結果になるのではないかと思います。

通信教育を挫折せず続けることができるのは子どもの性格にも左右されそうですが、いかに習慣化するかがポイントかもしれません。

学習コンテンツが豊富すぎて集中できない

進研ゼミ中学講座悪い口コミ評判「学習コンテンツが豊富すぎて集中できない」

進研ゼミ中学講座は入会してから気づくぐらい学習コンテンツが豊富で、口コミにもあるように電子書籍読み放題のサービスも含まれています。

コンテンツが豊富であるがためにかえって、勉強の方に集中できないということもあるようです。学習コンテンツが豊富ということがメリットにもなりますし、デメリットにもなります。

勉強していると思ったら電子書籍を長時間にわたって読んでいた、なんてことにならないように子どもにあった学習スタイル選びが大切ですね。

勝手に契約更新される

進研ゼミ中学講座悪い口コミ評判「勝手に契約更新される」

中学講座が終わり解約手続きをしないと自動的に高校講座に更新されるため注意が必要です。これは小学講座終了時も同様で、もっといえば、毎年自動更新のため、解約しない限りはずっと更新され続けます。

進研ゼミに関わらず、他の通信教育も自動更新されるため、通信教育のよくあるトラブルです。気を付けましょう。

\ 資料請求で体験教材がもらえる /

進研ゼミ中学講座タブレット(ハイブリッド)の良い口コミ評判

紙教材(テキスト)がたまらない

ハイブリッドスタイルはタブレットを中心に、「音声」や「動画」で理解することを重視した学習スタイルであるため、紙教材中心の通信教育に比べて、毎月のテキストが家にたまっていくということがありません。

紙のテキストの場合、復習するためにも過去のテキストは捨てずにとっておきたいですが、どうしても収納場所が必要になってしまいます。

タブレット学習であるハイブリッドスタイルにも、紙の教材はありますが量で比べるとオリジナルスタイルに比べて圧倒的に少なくなります。

赤ペン先生の添削問題提出が楽

タブレット学習がない時代、進研ゼミの添削問題提出は郵送が必要でしたが、ハイブリッドスタイルではタブレットから提出することができるのでとても楽で、郵送に比べ返却期間も圧倒的に早くなります。

ただ、実はこれハイブリッドスタイルだけのメリットと勘違いされがちですが、実はオリジナルスタイルでもネット提出は可能で専用の提出カメラアプリで、答案を撮影し、カメラ提出ができるんです。

AI NAVIが魅力

機械に頼って勉強なんて、という方もいるかもしれませんが、進研ゼミは学習の効率化においてどんどん進化しています。

部活や習い事で忙しい中学生にとって、AIが理解度に合わせて最適なプラン・問題を作成し、効率よく成績を伸ばせるのは、大きな魅力です。

面白い

進研ゼミ中学講座良い口コミ評判「面白い」

タブレットだとゲーム感覚、楽しみながらという口コミもよく見聞きします。この手の口コミは受講し始めて間もないときの感想に多いので、少し注意が必要かもしれません。

面白さとは、紙教材では味わうことのできない演出やAIによる自動化といった部分のことであるととらえた方が良いかもしれません。タブレット学習を初めて取り組むと新鮮なため面白いと感じる子どもは多いはずです。

とはいえ、自宅で学習する習慣化の入り口としては子どもを惹きつけてくれるため大きな魅力です。

先取り学習ができる

進研ゼミ中学講座良い口コミ評判「先取り学習ができる」

紙教材のオリジナルスタイルとは違ってタブレットのハイブリッドスタイルは、例えば中1であれば中1~中3の全範囲のレッスンを受講することができるため、空いた時間にどんどん先取り学習することができます。

※中2・中3については英国は中1全範囲ではないため、詳細は公式サイトか資料請求でご確認ください。

もちろん先取り学習ができるだけではなく、過去の復習も学年に関わらずでき、中学校の授業の進み具合に合わせて進研ゼミを取り組むことができます。

\ 資料請求はこちら /

進研ゼミ中学講座のタブレット料金

タブレット料金は無料?

進研ゼミのタブレットは入会時無料でもらうことができます。ただ一点条件があり、6か月以上ハイブリッドスタイルを継続する必要があります。

つまり受講開始から6か月以内に、学習スタイルをハイブリッドスタイルからオリジナルスタイルに変更した場合や、進研ゼミ自体を解約した場合、9,900円が請求されるため注意が必要です。

タブレット本体以外にかかる料金

タブレットが破損したり故障したりした場合、新しいタブレットに安く交換できる保険があり、契約金額は学年によって若干異なりますが、一か月あたり200~300円程度です。

ハイブリッド(タブレット+紙)とオリジナル(紙)どっちがいい?

ハイブリッドスタイル(タブレット+紙)のメリットデメリット

進研ゼミ中学講座にはタブレット+紙のハイブリッドスタイルと紙教材だけのオリジナルスタイルの2種類がありますが、どっちを選択したら良いか迷う方は多いのではないでしょうか。

タブレットを使った方がいろいろとメリットがありそうというのは直感的に分かりますが、デメリットもあります。それはタブレットやネット環境に関するものです。

タブレット端末は破損や故障というのはつきものです。定期テスト前にタブレットで対策をしたいときに重なるともう最悪ですね。タブレットを使ううえでは避けては通れないデメリットです。

ネット環境が必要という点でもつながらないといったトラブルが起きた場合、学習することができなくなります。

しかし、これらはごくまれなことですので、特にタブレットと紙でこだわりがない場合、ハイブリッドを選択するのがおすすめです。

タブレットの場合、「音声」や「動画」で理解がしやすく、効率的な勉強ができ、便利な機能が盛りだくさんで明らかにベネッセもハイブリッドに力を入れているのが分かります。

オリジナルスタイル(紙)のメリットデメリット

一方、紙教材のオリジナルスタイルですが、「読んで」「書いて」解くことを重視した学習を希望される方におすすめです。

デメリットとしてはやはり、タブレットのような便利さが無く、学校の進み具合とずれてしまっても、毎月送られてくるテキストで学習するしかありません。

また、タブレットではどんどん先取り学習することも可能ですが、オリジナルスタイルではそれができません。

ただ、忘れてはいけないのは学校の授業やテスト、さらにいうと高校入試本番は紙です。日頃から紙教材で勉強をしておく方がギャップが少ないという点で、オリジナルスタイルのメリットになります。

紙教材は便利さがない一方、読んで書いての一連の作業が理解や記憶の定着には良いかもしれません。

\ 資料請求で体験教材がもらえる /

進研ゼミ中学講座タブレット(ハイブリッド)の口コミ評判まとめ

進研ゼミ中学講座のタブレット学習、ハイブリッドスタイルの口コミ評判やメリットデメリットなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。進研ゼミを検討されている方に少しでも参考になれば幸いです。

進研ゼミ中学講座のハイブリッドスタイルは、他の通信教育とは違ってタブレットだけでなく、逆に紙のテキストだけでもない、両方の教材で学習できるのが良いところです。

口コミではタブレットに関する悪い口コミなどもありますが、通信教育はタブレットと紙、レベルの選択、教材事態の特徴など多様で、選択によっては子どもに合わない場合もあり悪い口コミにもつながっています。

進研ゼミ中学講座は、中学生の利用者数No.1をほこっており、料金は他社に比べ安く、学習サービスも豊富であるため、通信教育選びに迷っている場合、選んで間違いない教材です。

\ 資料請求で体験教材がもらえる /

中学生向け通信教育教材を比較は下記を参考にしてみてください。

進研ゼミ小学講座の口コミ評判はこちら

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる