40代の転職はスカウトメールがきっかけで年収大幅アップ

スカウトメール仕事と貯蓄

転職サイトや転職エージェントを利用すると企業からアプローチされるスカウトメール。私も40代での転職で複数社からスカウトメールはいただきましたし、友人は特に転職を考えていたわけでもないのに、スカウトメールをきっかけに大幅に年収をアップさせました。

スポンサーリンク

40代の転職はスカウトメールがきっかけ

IT業界のプログラマーである友人は、数年前に転職活動で登録していた転職サイトで企業からスカウトメールを受け取りました。提示されていた給与条件が良かったため、軽い気持ちで面接に行き、あれよあれよという間に内定をもらい転職することを決めました。

もともと転職は一切考えていなかったようですが、スカウトメールをもらったことをきっかけに、40代の厳しい転職活動経験をすることなく、年収も約100万円アップし、転職を成功させました。

なんて羨ましい話なんでしょう。実はこの友人の転職成功話は、私が転職を考えるようになったきっかけの一つでもあります。実際この話を聞いて、具体的な転職活動はしていなかった状況で、とりあえず求人サイトに片っ端から登録していきました(笑)

40代の転職成功は求人サイトへの登録から

スカウトメールは求人サイトで登録している求職者の情報を採用担当者がその内容を見て、アプローチするため、もちろんスキルやキャリアによってはスカウトメールをもらえない可能性もあります。しかし、最初から諦めて求人サイトへ登録しなければ、そのチャンスはゼロです。

スカウトメールを送るかどうかは、企業の採用担当者が判断するものです。何が目に留まるか分かりません。少しでも転職を考えているのであれば、求人サイトへの登録していて損はありません。宝くじの当選確率は低い、しかし買わなければ当たらない、というあれと一緒ですね。

40代でももらえるスカウトメール

私も40代の転職活動で多くの求人サイトへ登録しました。チャンスを広げるためです。実際にスカウトメールもいくつかいただきました。自分が考えもしなかった業界の会社からもスカウトメールはいただきました。

応募した企業には、ことごとく書類選考で不採用通知がくるなか、一方、スカウトメールをもらった場合は、書類選考無しで面接を受けることができ、まさに捨てる神あれば拾う神ありと思ったもんです。

スカウトメール送付元の企業すべて応募する理由

転職活動に苦しんでいる状況にもかかわらず、スカウトメールを送付してきた企業に対しては上から目線になってしまいました(笑)。あまり興味の無い企業からのスカウトメールを放置していたら、2度目のスカウトメールをいただいたこともあります。

転職活動を始めたばかりのころは、40代転職の厳しさをまだ実感していないときだったため、あまり興味のない企業からのスカウトメールは返信もせず、放置していましたが、転職活動を進めていくと、厳しい現実を目の当たりにし、その有難さを痛感することになります。

そして放置していたスカウトメールに対して、いざ応募しても、手のひらを返したように、もう相手にしてくれません。まだ、40代転職の厳しさを味わっていない方は、あとで後悔しないためにも受け取ったスカウトメールの企業すべてに、とりあえず応募するのも良いかもしれません。

面接で話を聞いたら魅力的な企業かもしれませんし、内定をもらったあとに辞退しても遅くはないですから。興味の無い企業でもスカウトメールに対して、できるだけ応募して面接を受けることには、メリットがあります。

それは、40代転職では志望企業にはなかなか、書類選考が通らないことから、面接機会が非常に少なくなります。面接は回数を重ねると、変な話ですが「面接上手」になります。

つまり、志望する企業の面接を受ける前に、スカウトメールをもらった企業を利用して面接回数を重ねておけば、面接上手になっておくことができるのです。興味が無い企業と切り捨てず、スカウトメールを有効活用してみてください。

スカウトメールは信用してはいけない

私は以前、採用担当として求人サイトへ求人情報を掲載していましたが、中小企業や知名度の低い企業は、売り手市場の転職市場においては、なかなか、求める人物からの応募が無く、採用活動は苦労していました。そこで利用するのかスカウトメールです。

求人掲載企業の多くはこのスカウトメールを利用します。やはりスカウトメールはもらうと嬉しいもので、それなりに応募者数も増加します。しかしこのスカウトメール、文章を作成しているのは求人サイト運営会社の人間が書いていることもあります。

これは企業の採用担当者が多忙で、費用を払って文章を書いてもらい、送付先ターゲットだけを伝えて、あとは求人サイト運営会社にお任せしているケースもよくあります。

また、スカウトメールを委託していない場合であっても、私もそうでしたがメール内容はテンプレートで、送付先全員に同じ内容を送り、また送付先も求職者の登録内容を詳細にチェックすることなく、検索条件だけで送付先を絞り込み一括送信していました。

つまり、スカウトメールをもらったからといって、合格率が上がるという分けでは無いと考えておいた方が良いでしょう。スカウトを送っておいて、応募したら書類選考不合格という意味の分からないこともあります。

ひどい話ですが、これが現実です。まぁ、そんな会社はそもそも、ろくでもない会社が多いので気にする必要はありません。

スカウトについてのまとめ

40代転職活動における経験と採用業務の両面からスカウトメールについて、ご紹介しました。

  • スカウトメールがきっかけで年収大幅アップの転職が可能に
  • 40代でもスカウトメールはもらえる
  • スカウトメールを利用して面接練習をする
  • スカウトメールを信用してはいけない

40代転職は何かと厳しいですが、スカウトメールは大きな転機になります。企業からのアプローチ機会を増やすためにも、できるだけ多くの求人サイトへ登録することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました