40代スキルなし転職!WEBプログラマーになる方法

プログラマー仕事と貯蓄

一般的に40代転職といえば、20年近く仕事を通して培ったキャリアやスキルがあると周囲からは見られます。しかし、現在の40代は、就職氷河期真っ只中の学生時代を送っており、うまくキャリアを形成できていない人も多いのでは無いでしょうか。40代スキルなしで、どのような転職方法があるのでしょうか。

WEB業界での人材採用経験から、スキルなしでもプログラマーに転職するための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

30代スキルなしは問題なし、では40代は?

年齢は仕事において優劣を判断できるものでは無いですが、現実は、悲しいかな年齢を採用の判断基準にします。WEBプログラマーとしての実務経験者であれば、40代でも全く問題ありませんが、さすがにスキルなしの場合は厳しいものがあります。

しかし、あくまで一般的に厳しいということであって、100%無理なんてことはありません。あたりまえですが、企業も人も千差万別、実際に私がいた企業で面接した人の中にも、40代スキルなしでもWEBプログラマーとして転職されている方もいました。

WEBプログラマーは人材不足という転職市場

昨今の人材不足はどこの業界でも叫ばれていますが、WEB業界もご多分にもれず、人材不足です。

私は10年以上、WEB業界で人材採用業務を行ってきましたが、中小企業ということもあり、人材採用にはとても苦労しました。以前、勤めていた会社は小規模のWEB制作会社で、ありがちなブラック企業でしたから、退職者も多く、一年を通じて常に求人募集を行っていました。

特に採用が困難だったのが、プログラマーです。応募自体が少ないうえに、プログラマーの採用は慎重であったことも輪をかけて採用を難しくさせていました。WEBシステム案件は担当プログラマーのスキルが品質に大きく影響しますし、炎上するかしないかもプログラマー次第ということもあり、慎重にならざるを得ませんでした。

プログラミングを勉強して、プログラマーとしてフリーランスで仕事をしていこうと目指される方がいますが、それは一部の優秀な人間のみができることと認識しておいた方が良いでしょう。独学でいきなりフリーランスとしてやっていくのはとても難しいです。

フリーランスで活躍しているプログラマーの多くは、企業でプログラマーとして仕事をある程度こなしてきた人のはずです。ただ、フリーランスは定期的に仕事を受注するのが難しく、一度フリーランスになったものの個人での限界を感じて、会社に勤めるという方も多く見てきました。

企業は実務経験のあるWEBプログラマーを採用したい

中小企業の採用担当からすると、未経験者を教育するのは時間やコストがかかり、教育する人材も必要になりますので、基本的には即戦力となる実務経験者を採用します。プログラマーで無くても中途採用は基本的には実務経験者で即戦力が求められます。そのため、書類選考で未経験者は対象外となることがほとんです。

どうすれば40代スキルなしで転職ができるか

誰でも初めはプログラミングスキルなんてありません。それではプログラミングスキルの無い人がプログラマーとして企業に転職するためにはどうしたら良いのでしょう。

まず、採用条件で未経験可・独学可としている企業に応募する。まずこれができれば問題は無いでしょうが、なかなかこのような求人募集はありません。あったとしても採用企業は、募集要項には年齢制限を記載しないものの、第二新卒や20代が対象と考えているでしょう。若いってのは何を始めるにしても一番の武器です。

未経験不可、独学不可としている企業の求人に応募するためにはどうするかですが、とりあえず最低一年は独学で勉強する必要はあるでしょう。そしてプログラミング職・エンジニア職にはたくさんの資格がありますので、自分が目指す仕事に近いベーシックな資格を取得しましょう。

資格とは、ありきたりですが、いくら独学で勉強したからといって、それを計る物差しが無ければ証明ができません。未経験でプログラマーを目指すのであれば資格は必須だと考えます。

もちろん実務経験を必要としている企業に、資格を取ったからいって、採用してもらえるわけではありません。しかし!話は戻りますが、とにかく技術者の人材不足で困っている企業はたくさんあります。

資格という知識の証明をもって、応募者が少なく採用に苦しんでいる従業員10名未満の小さな会社をターゲットに、まずは採用されることを目指します。

とにかく実務経験という名の武器を得るために、待遇や労働条件には目をつぶりましょう。ブラック企業であっても、お金をもらって勉強させてもらえると考えたほうが良いでしょう。WEB業界、離職率の高いブラック企業はゴロゴロあります。人手不足のブラック企業を逆に利用して、実務経験を積みましょう。

小さな会社でプログラマーの経験を2、3年積めば、あたりまえですが、未経験だったあなたも「実務経験あり」となります。そして、転職してより良い待遇の会社や、やりたいことができる会社に入社することができるでしょう。WEB業界であれば、転職回数が多くても企業はあまり気にしません。転職を繰り返してステップアップするもよし、フリーランスとしてやっていくのも良いでしょう。

最後に

未経験でプログラマーへの転職を考えておられるのなら、考え方の一つとして参考になると思います。

未経験でプログラマーに転職するうえで、最も大事な考え方は、お金をもらいながら勉強ができ、実務経験が積めるということにあります。

お金をはらって、プログラミングの学校に通うことを考えると何十倍、何百倍もお得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました