子供にやる気を出させる魔法の言葉集

子供のやる気小中学生の子育て

普段からの子供に対する言葉、言葉一つで子供のやる気を出させたり、やる気を無くさせたりします。子供への声掛けは日常のことです。毎日毎日の積み重ねが、子供へ大きく影響を与えることになりかねません。

いざ頑張り時だけ気を付けても、時すでに遅しとなるかもしれません。親子の普段からのコミュニケーションで気を付けておきたいものです。

スポンサーリンク

子供にやる気を出させる魔法の言葉

子供のやる気を引き出させる言葉、それはどのような言葉なのでしょう。
これは大人に対しても同じことが言えると思いますが、プラスイメージの言葉、誉め言葉を使うことがとても大切になります。

そして、子供を前向きにさせ、時にはプライドをくすぐる言葉でやる気を引き出せるといわれています。では、具体的にはどのような言葉をかけてあげればやる気を引き出すことができるのでしょう。

期待、信頼する言葉
・〇〇〇〇〇してくれたら、パパやママはとてもうれしいな!
・きっとあなたならできる!
・うまくいくって、信じているよ!

自信を持たせる言葉/プライドをくすぐる言葉
・〇〇〇〇〇ができるからすごい!
・これまで勉強を頑張ってきたもんね!
・ママやパパの子供の時にはこんなことはできなかった!

愛情を表す言葉
・大好きだよ!
・愛しているよ!

評価して認めてあげる言葉
・いつも〇〇〇〇〇を頑張っているね!

夢や目標を想起させる言葉
・将来、〇〇〇〇〇になるために必要みたいよ!
・今の頑張りは、きっと〇〇〇〇〇につながるよ!

頑張ったあと、何かをやったあとに褒めること、感謝することで次の頑張りにつながることでしょう。
そして、失敗したとき、できなかったときには、ドンマイ!気にするな!ナイスチャレンジ!と責めずに励ましてあげましょう。

話題のおすすめ勉強法『スタディサプリ』
リクルートが提供する、月額受講料1,980円という低価格でプロ講師の講義をいつでも自宅で受けるサービスがおすすめです。PCやスマホで講義動画が見放題です。14日間の無料お試し期間があるので、試してみてはいかがでしょうか。
⇒公式サイトで詳細を確認してみる

やる気を奪う言葉

やる気を引き出すのとは逆に気を付けないとやる気を奪ったり、やる気を削いだりしてしまう言葉があります。

普段は気を付けていても感情的になると、自然に発してしまう言葉でもありますので、子どものため、またお父さん、お母さん自身が自己嫌悪に陥らないためにも、特に気を付けておきたいものです。

強要、命令する言葉
・勉強しなさい!
・早くしなさい!
・いいかげんにしなさい!
・まじめにやりなさい!

比較する言葉
・〇〇ちゃんはしっかりしているのに、あなたはどうしてできないの!
・頑張らないと〇〇ちゃんに負けてしまうよ!
・お兄ちゃんはできた!

否定する言葉
・あなたには難しくて無理、できっこない!
・だからあなたはダメなのよ!

親の心配を訴える言葉
・勉強しなくて大丈夫?
・頑張らないと失敗するよ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました