小学生・中学生に訪問とインターネット家庭教師どっちがいい?メリット・デメリットは?

インターネット家庭教師小中学生の子育て

小学5年生の娘を塾に通わせていますが、引っ込み思案でみんなの前で勉強で分からないところを積極的に質問できないようで、ちゃんと理解してないまま授業が進んでしまっているようです。そして案の定、成績は伸びないままです。

そこで検討しているのが家庭教師です。家庭教師であればマンツーマンで勉強で分からないところを周囲を気にせず、重点的に教えてもらえてもらえますからね。

そこで最近よく耳にするようになったインターネットを使ったオンライン家庭教師と家に来てもらう訪問家庭教師を検討していますが、どっちがいいのか悩んでいます。それぞれのメリットやデメリットはどういうものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

インターネットを使ったオンライン家庭教師って何?

家庭教師といば、自宅に来てもらって勉強を教えてもらうというのが、当たり前の感覚でした。というかインターネットを使ったオンライン家庭教師があるということ知ったのは、恥ずかしながらここ最近です。

そもそもインターネットを使ったオンライン家庭教師ってどんなもの?って疑問に持つ方も多いのでは無いでしょうか。

インターネット家庭教師って要するに、パソコンに接続されたカメラとスピーカーを使って、インターネット上で遠隔地にいる家庭教師と映像や資料を共有して、勉強を教えてもらう家庭教師の新しい形態ですね。

利用するソフトはSkypeなどの無料ツールを使う場合や、業者独自のシステムを利用する場合などがあり、具体的な仕組みは各社で違うようです。

最先端っぽくて、便利そうだけど、PCは苦手というお母さんが多いためか、インターネット家庭教師を始める際に、無料で専門スタッフがサポートしてくれる業者もあるようです。

インターネット家庭教師のメリット・デメリット

なんとなく便利そうなインターネット家庭教師ですが、具体的にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょう。新しい家庭教師の形態だけに、やはり特に気を付けたいのはデメリットですね。

メリット

  • 家庭教師をお願いしたいけど家に入れるのは抵抗がある場合に最適。
  • 場所を問わず利用できるため、地方や田舎と呼ばれるような地域でも、都市部の、場合によっては人気の家庭教師を指名することもできる。
  • 料金が訪問家庭教師に比べて安い。
  • 親が不在でも安心して授業を受けさせられる。

地方や田舎と呼ばれる地域で都市部のレベルの高い家庭教師に指導してもらえるというのは、インターネット家庭教師の最大のメリットかもしれませんね。

また赤の他人である家庭教師を家に入れるというのは抵抗はありますし、お茶を入れたりしなくちゃいけなかったり、気を使わないで済むのはありがたいですよね。そういう意味で親が不在でも授業を安心して受けさせられますし、都市部の方でもメリットは大きそうです。

デメリット

  • 業者が推奨するパソコンやインターネット環境を用意する必要がある。
  • パソコンが苦手で、使用するソフトウェアの設定が不安。
  • 家庭のインターネット環境によっては受講中に切断することもある。
  • 対面に比べると講師が、生徒の様子を掴みづらい。

デメリットのうち何といっても心配なのはパソコンやインターネット環境に関することですよね。パソコンが苦手なお母さんの場合、ちゃんと設定できるのでしょうか。このデメリットについては、やはり各社無料サポートを用意するなど対策はされているようですが、やはり心配ですよね。

また、実際の対面じゃないと細かいニュアンスが伝わるのかという疑問もあります。これは実際にやってみないと分からないかもしれません。無料で体験受講ができる業者が多いため、無料体験で試してみて子供に合うかどうか見極める必要がありそうです。

これらデメリットは普通の自宅に訪問する家庭教師にはありません。パソコンやインターネット環境というハード面はともかく、訪問家庭教師と比較するポイントとしては、実際の対面とインターネットによる対面で、大きな違いが出るかどうかという点かもしれませんね。

インターネット家庭教師と訪問家庭教師の料金相場比較

1時間あたり
訪問家庭教師の場合:1,500円~5,000円
インターネット家庭教師の場合:2,500円~5,000円

あれ?インターネット家庭教師ってあんまり安くないと思われた方も多いのでは無いでしょうか。

訪問家庭教師の場合、家庭教師センターを通さず直接依頼した場合は安く抑えることも可能ですので、料金相場はあくまで相場です。各社様々なサービスを行っており、単純比較は難しいところです。

例えば中学受験を目指す小学生とそうでない小学生ではお願いする家庭教師のレベルは異なりますし、家庭教師が大学生なのか受験生なのか、プロなのかなど様々です。授業料のほかにも入会金やシステム利用料、教材費用などがあり、料金は総合的な比較が必要でしょう。

インターネット家庭教師は必ず無料体験を試しておく

インターネットを利用したオンライン家庭教師を検討する場合は何といっても無料体験受講は必須です。家庭教師の新しい形態だけに体験してみないことには、分からないことが多すぎます。

家庭教師そのものをお願いしたことが無いようであれば、訪問とインターネット家庭教師の両方を体験してみて比較するのが良いでしょう。インターネット家庭教師は体験してみて想像以上にデメリットが大きそうであれば、やめておいた方が良いでしょう。

最も大切なのは料金や利便性ではなく、どちらが自分の子供にとってメリットがあるかということでは無いでしょうか。

おすすめのインターネット家庭教師

ノーバスが提供する「Netty(ネッティー)」

インターネット家庭教師Netty【ネッティー】家庭教師のノーバスが提供するインターネット家庭教師サービスです。ノーバスは創業昭和58年、関東を中心に展開する老舗の家庭教師企業です。東大・早稲田・慶応など難関大学出身・在籍の人気教師の授業をインターネットを通じて、全国いつでも・どこでも自宅にいながら受けられる全く新しい家庭教師サービスを謡っています。

環境設定は無料サポートがあり、周辺機材としてWebカメラ、ヘッドフォンマイクは、無料でレンタルしてもらえますので、パソコン苦手ママでも安心ですね。

【公式サイト】Netty(ネッティー)の無料体験授業を受けてみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました