目標は英検3級合格!小学生の子供への英語の教え方

英語小中学生の子育て

小学生の子供への英語の教え方はどうしたらいい?

2020年度から全国の小学校で英語が教科の一つになり、小学生の子供をもつ親にとって、英語の教え方ってどうしたらいいんだろうかって、不安になりますよね。特に学生の頃、英語が苦手だった親御さんであれば、なおさらでは無いでしょうか。

我が家の子供は小学6年生で英検3級に合格しましたが、実践していた自宅での英語の教え方についてご紹介します。

スポンサーリンク

小学生の子供への英語の教え方

英語が苦手な親御さんの場合、子供にどうやって英語を教えたら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

英会話教室に通わせることができれば間違いないのでしょうが、やはり家計の負担になりますし、自宅で教えられるに越したことはありませんよね。しかし小学生レベルの英語であれば、英語が苦手な親御さんでも、きっと教えることはできますよ!

英語の歌をBGMにして聞く

子供は大人と違って、英語への耳慣れが早いと言われています。大人の場合、どうしてもすでに知識として英単語が頭に入っているため、素直に聞き取ることができません。子供の場合は意味は分からなくても音として英語を素直に聞き取ります。

そのためたくさんの英語を聞かせてあげることで英語を聞く力が身についていきます。おすすめは子供向けの英語の歌です。繰り返し聞くことによって、リズムに乗って自然と英語のフレーズを聞き取り、口ずさみ、覚えていくことができます。

何もじっとスピーカーの前で耳を傾けておく必要もなく、食事のとき、遊ぶとき、さらには勉強のときにでも、BGMとして英語の歌をかけておくことで、英語を勉強しているという意識をすることなく、聞く力を自然と身に付けられることができて、おすすめです。

英語を書く

幼稚園児では難しいかもしれませんが、小学生であれば英語の書く力も養っておきたいところです。英単語を覚えるために書くという学習方法はやはり王道です。

我が家では子供にボールペンを渡し、インクが無くなるまで英語をノートに書いたらご褒美を上げる約束をしていました。もので釣っているようで、ちょっとずるいやり方かもしれませんが、例えご褒美目当てでもモチベーションを持たせるというのは悪いことではないと思います。

ボールペンは書けば書くほどインクは無くなっていくのが目に見えて分かりますし、それが達成感にも繋がっていたようで毎日とても頑張っていました。一度、お子さんに試してみてはいかがでしょう。

英語の絵本を読む

我が家ではとにかく簡単で薄っぺらい英語の絵本を毎日繰り返して読ませるようにしました。英語を勉強し始めた小学生の低学年にとって、最初は難しいかもしれませんが、親がそばにいて、読み方を教えていきました。

繰り返して読むので最初は読めなくても自然と覚えていきます。ある程度スラスラ読めるようになったら、別の絵本、ということを続けているうちに意味は分からなくても読むことに慣れていきます。

さらには、分からない英単語が出てきたら、英和辞典で調べる習慣をつけさせることによって親のフォローも必要なくなってくるようになります。

英語を話す

さすがに日本語を話すように英語を話せるようになるのは難しいかもしれません。これは大人でもそうですよね。しかし、会話は難しくてもスピーチなら小学生でも十分可能です。あるテーマに沿って、伝えたいことを英語で原稿を作成し、それを覚えて発表する。

この方法であれば英語を話す訓練となるのでは無いでしょうか。ただ、親子だけでは難しいかもしれませんので、英語を話す力を伸ばしてあげたい場合は、英会話教室を検討したほうが良いかもしれません。

小学生の英語は英検3級合格を目標に教える

どうせ英語の勉強に取り組むなら、小学生だって目標が欲しいところです。英語の勉強目標としてはとてもベタですが、英検合格は良い目標になります。我が家の子供も小学生6年生で英検3級合格を目標に頑張っていました。

決して簡単な目標ではありませんが、結果が不合格であっても中学での英語学力にも活きてきますので、おすすめですよ。小学生から英語の勉強に力を入れていくなら、小学4年生で5級、5年生で4級、6年生で3級という目標設定が簡単すぎず、難しすぎずちょうど良い目標になるのではないでしょうか。

タブレットで受講する通信講座『スマイルゼミ』には、英検2級までの対策講座をオプションで受講でき、イードアワード こども英語教材 「小学生」顧客満足度 No.1 2018 を受賞しており、おすすめです。
⇒公式サイト『スマイルゼミ』の資料請求はこちら

ちなみに英検の各級の目安は以下のとおりです。(出典:日本英語検定協会

推奨目安出題目安
5級中学初級程度英語を習い始めた方の最初の目標。
家族のこと、趣味やスポーツなど身近な話題が出題されます。
英語の基礎固めに最適です。
スピーキングテストも受験可能です。
4級中学中級程度出題形式や内容が、より実用的に。
身近なトピックを題材とした読解問題が加わります。
基礎力をぐんぐん伸ばしていきましょう。
スピーキングテストも受験可能です。
3級中学卒業程度二次試験でスピーキングテスト。英語で考えを伝えましょう。
筆記試験の題材は、海外の文化など少し視野が広がります。
中学卒業段階の英語力の達成目標:3級(文部科学省)

まとめ:小学生の子供への英語の教え方

英語が小学生で教科になることもあり、今後ますます子供の英語教育は加熱していきそうです。小学生の子供をもつ親にとっても、これまでは算数や国語が教えられれば問題ありませんでしたが、今後は、英語も教えることができなければいけなくなりますね。

小学生の子供への英語の教え方についてご紹介しました。我が家では二人の子どもがいますが、二人とも英検という目標を設けて小学生で英語を教えてきました。

長男は現在は中学生ですが、小学6年生で英検3級に合格し、目標を達成しました。目標は苦痛を与えるものでは無く、モチベーションになるものです。英語に関わらずなんでもそうですが、やりがい、達成感、成功体験は勉強にとってとても貴重なものになります。中学、高校と続く英語を少しでも得意と思える教科の一つにしてあげたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました