子供や幼児の英語・英会話教育は無駄で意味ないのか?

英語教育小中学生の子育て

子供や幼児の英語・英会話教育を検討しているけど、無駄?意味無いの?

習い事でも人気となっている子供の英会話ですが、正直、月謝は安いものじゃないですし、無駄って言われたら迷ってしまいますよね。子供の英語・英会話教育が無駄と言われる理由や幼稚園から英会話教室に通うわが子のことなどもご紹介します。

スポンサーリンク

幼児や子供向け英語・英会話教育の近年の状況

2020年度から小学3・4年生に外国語活動の実施、小学5・6年生で英語が教科となる新学習指導要領が全面実施されます。一部の小学校ではすでに実施されており、どんどん子供の英語・英会話教育環境が変わっていっています。

国が英語教育の改革を進める背景には、グローバル化における国際共通語である英語が日本の将来にとって極めて重要であるとしているためです。

今後の英語教育の改善・充実方策について 報告~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~

英語教育改革の背景

○ グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要である。アジアの中でトップクラスの英語力を目指すべき。今後の英語教育改革においては、その基礎的・基本的な知識・技能とそれらを活用して主体的に課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等の育成は重要な課題。

○ 我が国の英語教育では、現行の学習指導要領を受けた進展も見られるが、特にコミュニケーション能力の育成について改善を加速化すべき課題も多い。東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020(平成32)年を見据え、小・中・高等学校を通じた新たな英語教育改革を順次実施できるよう検討を進める。並行して、これに向けた準備期間の取組や、先取りした改革を進める。

出典:文部科学省

小学3・4年生では、今まで小学5・6年生で行われていた外国語活動が実施されます。これは主に英語に親しむことを目的としたコミュニケーションを中心としたものです。

小学5・6年生では、英語が教科として実施されるようになります。聞く・話すと言ったコミュニケーションに加えて、読む・書くといったことも範囲に含まれてきます。もちろん教科ですので、成績もつくことになります。

このような状況から、子供向け英語教育は低年齢化しており、幼児や子供向け英語・英会話教育が過熱してきています。バンダイのアンケート調査によると、習い事の人気ランキングに英会話がランクインしたそうです。今後、子供の習い事の定番にもなりそうですね。

子どもが習っている習い事の1位は「水泳」(41.0%)、2位「学習塾」(27.0%)、3位「ピアノ」(24.9%)という結果になりました。また、TOP3の習い事に次いで4位にランクインした「英会話」(22.0%)は、約5人に1人が習っていることがわかり、小学校で2020年から英語が教科化することが影響しているのではないかと推察されます。

出典:バンダイこどもアンケートレポート Vol.252

それでも幼児や子供の英語・英会話教育が無駄、意味ないと言われる理由

せっかく覚えても忘れてしまう?

子供の脳は覚えるスピードが速い分、忘れるのも速いため、英語・英会話教育が無駄ということのようです。まぁ、一理あるような、無いような理由ですね。忘れるのが速いということだけで無駄とするなら、英語に関わらず全てが無駄ってことになりませんかね?

言語習得は子供の頃が良いのはうそ?

子供のころに言語学習をした方が、大人になってから学習するよりも身につくのが早いのは間違いないでしょう。しかし、日本で生活すると英語に触れることがほとんどありません。いくら週一回や二回の短時間を英会話教室で英語に触れても、それ以外は日本語です。

これで英語が話せるようになることを期待するのは、やはり現実的とはいえないかもしれませんね。

子供にやる気が無いから無駄?

これは英語・英会話教育に関わらず全てのことに言えます。このことが子供に英語・英会話教育が意味ないという理由にはなりません。勉強だって、スポーツだって同じです。やる気があれば伸びますし、やる気が無ければ伸びません。

勉強が嫌いだからといってしなくていいものでもありませんよね。動機付けをして、意味を見出してあげるのが親の仕事かもしれませんよ。

我が家の子供が幼児から英会話教室に通った結果

今、中学生と小学生の子供がいますが、二人とも幼稚園の頃から英会話教室に通っています。通い始めたころ、英語がとても楽しい様子で、覚えたての単語をよく話してくれました。

ある日「プーポー」と何かを指さして言うのです。指をさしている方向をみるとそこには、なすびがありました。プーポー?最初は全く何のことだか全くわかりませんでしたが、どうも紫色のこと、つまり「パープル」と言っているのです。もうね、発音が良すぎて分かりませんでした。

聞いたことをそのまま耳で覚えて、パープルという字や音の前に覚えたためでしょう。こういうことの継続と積み重ねが、おそらく英語の話す・聞くには大事なことなんだろうなと思った出来事でした。

そして、今や中学生と小学5年生です。さすがに「プーポー」のようなことは言わなくなりましたが、いよいよ教科として英語に向き合っている真っ最中です。

今、中学生の息子は英検準2級に、小学5年生の娘は英検4級を受けようとしています。ちなみに英検準二級といえば、高校中級程度の英語レベルと言われています。英会話教室に通っていない子供たちに比べるとやはり、英語学習は進んでいます。

英語が話せるわけではありませんが、高校受験・大学受験と必ず必要となる英語、得意とするか不得意とするかは大きな差です。

学校教育や受験に英語が無ければ、子供の頃の英語教育は無駄・意味ないといって片付けても良いかもしれませんが、教科として英語がある以上は、子供のころからの英語教育は決して無駄なものでは無い、そう思いませんか?

まとめ:子供や幼児の英語・英会話教育は無駄?意味ない?

国の教育改革もあって、近年、ますます子供の英語教育環境が変わってきています。子供の英語・英会話教育が無駄で意味ないと言われている理由の紹介や、幼稚園の頃から英会話教室に通っている我が家の子供たちのことも紹介しました。

早期の英語教育に対しては、賛否両論がありますが、個人的には意味のないことだとは思いません。強制的に英会話を習わせることは、英語嫌いになる恐れもありますので、気を付けたいところですが、我が子が少しでも英語に興味があれば、将来のためにも検討してみるのも良いかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました