小学生の子供に英語塾は必要か?英会話教室との違いは?

選択小中学生の子育て

小学生のわが子に、英語塾は必要?

2020年度から新たな学習指導要領によって、小学生の英語教育が変わります。小学5年生から英語が教科となりますが、小学生に英語塾は必要なのかどうか、家計の負担にもなり悩んでいる親御さんも多いのでは無いでしょうか。

そこで小学生の子供に英語塾が必要かどうか検討するうえでの考え方をご紹介します。

スポンサーリンク

2020年度から変わる小学生の英語教育

小学生の子供を持つ親ならすでに、ニュース等でご存知の方も多いと思いますが、2020年度から全国の小学校での英語教育が大きく変わります。

小学校では、これまで5、6年生が外国語活動という英語の体験型学習をしていました。これが2020年度から学年の前倒しがされて、3、4年生で行うことになります。外国語活動は教科では無く、「聞く」「話す」力を養い、英語に親しむことを目的にしたものになっています。

そして、5、6年生では国語や算数と同じように英語が教科となります。「聞く」「話す」力をさらに伸ばし、さらには「読む」「書く」にもチャレンジしていくことになります。もちろん教科ですから成績もつくようになります。

文科省の調査では、これらの新学習指導要領は2018年度から先行して実施している小学校も全国で3割ほどあります。

小学生に英語塾は必要か

2020年度からの新学習指導要領によって、英語が教科になりますが、それでは小学生に英語塾は必要か?今まであまり考えなかったことかもしれませんが、これからはそんな疑問を持ちますよね。

ただこの疑問ですが、小学生に塾は必要か?という疑問と同じですよね。国語や算数に塾が必要で、英語であれば塾は必要ないという考え方はちょっと変かもしれませんよ。

これまでは、小学校の英語は教科ではなくあくまで、英語に親しむという観点からの「外国語活動」でしたが、新学習指導要領からは英語も国語や算数と同じように教科となります。そもそもずっと前から、英語は中学や高校でも教科ですし、高校入試や大学入試でももちろん英語はあります。

国語、算数は塾が必要と考えている場合、英語も同じように考えるべきというのが、素直な考え方では無いでしょうか。中学・高校と英語の勉強は続きます。小学生の頃から英語をしっかり取り組んでいても決して損は無いでしょう。理科も社会も同様ですね。

大手の塾や通信教育講座では、英語教科はあります。塾にもよると思いますが、特に大手では個別で受講教科は選べず、国語・算数・理科・社会・英語の全ての教科を受講することになることが多いのでは無いでしょうか。この場合、悩む必要は無いですね。

英語は積み上げ式の教科です。算数もそうですね。単元ごとに学習した内容が次の単元の基礎となる教科です。分かりやすい例を挙げると割算ができなければ、分数はできません。掛け算・割算ができなければ、三角形の面積も計算できません。

この積み上げ式教科の怖いところは、分からないところでつまずき、そのままにしていると、その後の勉強に大きく影響してしまうということです。特に苦手意識をもってしまうと基礎からやり直すというのも難しくなるかもしれません。

塾で教科を選択するのであれば、教科が積み上げ式かどうかということを基準にして、「算数・英語の塾は必要」「国語・理科・社会の塾は必要か?」という検討の仕方のほうが良さそうですね。

神授業が低価格で見放題という話題のリクルート提供『スタディサプリ』 をご存知でしょうか。プロ講師の講義を月額1,980円で受講することができます。中学講座の英語講義もありますので、中学英語で先取り学習が可能です。14日間無料のお試し期間がありますので、試してみてはいかがでしょうか。
⇒公式サイトでサンプルを見てみる

英語塾と英会話教室の違い

子供向けの英語教育には、英語塾と英会話教室があります。子供に英語を習わせたいときにどちらが良いか迷いますよね。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

英会話教室は、文字通り英語でのコミュニケーションを行う英会話の実践です。「聞く」「話す」力を養うことが主目的です。

英語塾はというと、学校での英語の成績を向上させるための学習が主目的です。英語塾に通って学校の成績を無視した勉強だと、高校入試や大学入試にとって意味が無く、何のための塾か分かりませんからね。

しかし、国はこれまで以上にコミュニケーションを重視した英語教育への移行を進めており、学校での英語教育も親世代のものとは変わりました。小学生においては、今後、英語塾と英会話教室の違いはあまり無くなっていくかもしれませんね。

まとめ:小学生の英語塾

国の教育改革によって、小学生の英語教育は変わりつつあります。親世代にとっては小学校で英語が教科になるというのは大きな変化ですよね。また、そもそも小学生で塾に通わせようかどうか迷っている親にとって、さらに教科が増えるというのは少々、頭の痛い問題かもしれません。

中学受験はまだしも、高校受験、大学受験では英語は必須です。また当記事でご紹介したように英語は積み上げ式教科ですので、苦手意識をもってしまうとその後に大きな影響を与えかねません。

小学生でも英語塾が必要かどうは子供の将来を考え、慎重に検討したほうが良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました