愛の不時着 第11話のあらすじと感想(ネタバレ)

愛の不時着 第11話韓国ドラマ

韓国ドラマ『愛の不時着』の第11話のあらすじと感想をご紹介します。あらすじ、感想ともにネタバレを含んでおりますので、まだドラマを見ていない方はご注意ください。

第10話で二度と会えないと思っていたジョンヒョクが韓国に現れる。そして第5中隊の韓国での珍道中の始まり、面白そうな展開が待っていそうな第11話です。

スポンサーリンク

愛の不時着 第11話 主な登場人物

ユン・セリ財閥令嬢 セリズ・チョイス代表
リ・ジョンヒョク第5中隊長 大尉
ピョ・チス第5中隊員 曹長 士官長
クム・ウンドン第5中隊隊員
キム・ジュモク第5中隊 上等兵
パク・グァンボム第5中隊 伍長
チョ・チョルガン保衛部少佐
チョン・マンボク通称耳野郎 盗監聴室所属の軍人
キム・ヨンヘ保衛部 朝鮮人民軍陸軍大佐
リ・チュンリョルジョンヒョクの父 総政治局長
キム・ユンヒジョンヒョクの母
ユン・ジュンピョンクイーンズ・グループ会長でセリの父
ハン・ジョンヨンセリの母
ユン・セジュンセリの兄でユン会長の長男
ヘジセジュンの妻
ユン・セヒョンセリの兄でユン会長の次男
サンアセヒョンの妻
ホン・チャンシクセリの会社の部下 チーム長
ソ・ダンジョンヒョクの婚約者
コ・ミョンウンソ・ダンの母 平壌のデパート社長
コ・ミョンソクダンの叔父 ミョンウンの弟 保衛局司憲局長 少将
マ・ヨンエ朝鮮人民軍陸軍大佐の妻
ナ・ウォルスク人民班長
ヒョン・ミョンスンマンボクの妻
ク・スンジュンセヒョンを騙した詐欺師
チョン社長北朝鮮でスンジュンを匿う実業家
オ課長スンジュンを北朝鮮に逃がしたブローカー

愛の不時着 第11話 あらすじ(ネタバレ)

韓国で再開したセリとジョンヒョク

セリの前に突如現れたジョンヒョク。
セリは夢で無いかと疑うが、夢では無いというジョンヒョクを抱きしめるセリ。どうやって来たのか尋ねるセリ。

昔、掘られた金鉱跡を通って韓国に入ったチョルガンを追って、ジョンヒョクも韓国に入る。しかし、その際にジョンヒョクが通ってきた韓国側の洞穴に北朝鮮のバッジを落としてしまい、それが韓国の警察に見つかる。

喫茶店で話すセリとジョンヒョク。
ジョンヒョクは、チョルガンが韓国に来ているとセリに話す。チョルガンの目的はセリに危害を加えることと、セリを利用してジョンヒョクと父である政治局長のチュンリョルを攻撃することだと説明する。そしてチョルガンを捕まえ次第、北朝鮮に戻るという。

セリは自分を守ってもらうという口実で、ジョンヒョクを自宅に招き入れる。
ジョンヒョクはセリとセリの家族との心配をしていたが、セリは帰国を家族は喜んでくれていると嘘をつき、心配は必要ないと話す。そこに訪れたのは、兄のセヒョンとその妻。セリはジョンヒョクを奥の部屋に隠す。

セヒョンはセリが北朝鮮にいたことを知っているといい、世間に知られると問題になると脅す。そして後継者となり、クイーンズ・グループの代表となったのは自分で、セリに調子に乗るなと釘を刺す。

白を切るセリに、セヒョンの妻サンアは、北朝鮮でのスンジュンとセリの会話の録音を聞かせる。セリは北朝鮮にいた自分を知りながら助けようとしなかった兄夫婦を責める。サンアはセリの家を出る際に、玄関にあったジョンヒョクの靴に気づく。

話を聞いていたジョンヒョクは、何も言わずセリをそっと抱きしめる。ジョンヒョクは、セリに憎い人のことを考えるのではなく、好きな人のことを考えるよう諭す。

北朝鮮ではチョルガンに関わった人物が次々と連行される。
スンジュンの元に慌てて現れるチョン社長。チョルガンの罪が全てバレたという。そして連行されるチョン社長。

セリはジョンヒョクを連れ、デパートでジョンヒョクの服選びをして髪型を変える。
ジョンヒョクは周りから視線を浴びるほどのイケメンになる。セリの会社にジョンヒョクを連れていき、ボディガードと紹介する。

第5中隊の面々は、セリのオフィスビルの前でセリの金持ちぶりを驚く、ビル内に入るが身分証の提示を求められ慌てて出ていく。

スンジュンの恋

旧友と会うダン。
ダンは、旧友から、ジョンヒョクと破談になったのではと皮肉を言われる。そこに雨が降ってきて、ダンはスンジュンを迎えによこし、旧友に見せつけるように車に乗って去る。

スンジュンはダンとジョンヒョクの新居を借りることになる。
自分に笑顔を見せたダンのことが気になり始めるスンジュンであった。

セリの上の兄セジュン夫婦とセリの母ジョンヨン。
セジュン夫婦は、母親にセリは失踪期間、北朝鮮にいたこととセヒョンがその事実を知っていて隠していたことを伝える。

チョルガンに襲われるセリ

セリの執務室。
ジョンヒョクがデパートでドアマンのように、親切心で見知らぬ人々のためにドアを開けて待っていた様子が撮影されSNSにアップされていたのを見るセリとジョンヒョク。
その会話を執務室の外で盗み聞きするチョルガン。

そこにジョンヒョクの携帯に着信がある。
電話のあと、今夜、行くところがあるとセリに告げるジョンヒョク。今夜チョルガンを捕まえたら、すぐに韓国を去るという。

夜、ある建物に入るジョンヒョク。しかし何者かに襲撃をされる。

会社から帰宅しようと地下駐車場に降りるセリ。
車に乗ろうとしたセリは、車内に潜むチョルガンに気づきその場を逃げる。セリのあとを追うチョルガン。

ジョンヒョクがセリに電話をすると電話に出たのはチョルガン。チョルガンはセリを人質にジョンヒョクを自分の元に来るよう指示をする。

ジョンヒョクが地下駐車場に現れるとチョルガンは隠れた場所からジョンヒョクに銃口を向ける。
そこにセリの声。
セリはチョルガンに捕まってはおらず、チョルガンはセリの落とした携帯でジョンヒョクと電話をしていた。
息をひそめ隠れるセリの腕をつかむ手。それはジョンヒョクであった。

エピローグ
7年前のスイス。
セリは土産物店でKitKatを買いあさる、そこに居合わせたダンに、憂うつな時に甘いものを食べると気分が良くなると話す。
ジョンヒョクとダンの二人を写真撮影とるセリ。セリに微笑むジョンヒョクを横目にKitKatをかじるダン。

愛の不時着 第11話 感想(ネタバレ)

大きな感動シーンの無かった11話。舞台は韓国に移っているので舎宅村の様子なんかはちょっと冗長的かなと思いました。

ただ、北朝鮮でのダンに恋するスンジュンのシーンは面白く、スンジュンはますます面白キャラになってきました。今後のダンに対するスンジュンの恋の行方もきになります。

あと笑えるシーンとしては、やっぱり第5中隊の韓国での珍道中ですね。さすがに北朝鮮人をバカにし過ぎな感はありますが、笑えました。

ジョンヒョクのスーツ姿や髪型、やっぱりイケメンですね。ジョンヒョクの何度が何度も試着してセリがにやつくのが微笑ましかったです。

ルックス良し、性格良し、ピンチに必ず助けに来る、完璧ですね。愛の不時着が終わって、多くの女性がヒョンビンロスになるのも納得できます。

タイトルとURLをコピーしました