40代の転職で後悔しないために考えておくこと

後悔仕事と貯蓄

転職は後悔がつきものです。私は4度転職を行い、今の会社に落ち着きましたが、転職のたびに後悔する気持ちになったのは確かです。転職は人生の岐路に立つことになりますので、どんな選択をしても後悔はするものかもしれません。転職における後悔とはどういったものがあるのでしょうか。

そして、40代の転職は多くの人にとって、最後の転職になることでしょう。最後の転職を後悔しないものにするためにも、予め後悔する理由を把握しておくことで、その対策がとれるかもしれません。

スポンサーリンク

転職後に前職と比較して後悔する

前職企業の良い面、悪い面というのは、転職後に初めて分かることもあります。「失ってみて初めてその大切さに気付く」という言葉が使われるように、在職中に前職企業の魅力に気づけていなかった場合、後悔することになります。転職理由が会社の不満であった場合に、特にこの後悔する気持ちは強くなるかもしれません。

転職を決意する際には、在職中の会社を再評価してみるのも良いかもしれません。在職中の会社の魅力が見いだせた場合、それを失ってでも転職で得られるメリットの方が大きければ、転職するという判断が、後悔しないために必要なプロセスではないでしょうか。

とはいっても、実際は難しい判断ですよね。とにかく転職で実現したいことを絞って、在職企業と比較したほうがいいかもしれませんね。ある程度、後悔することは前提と考えたほうが、万が一後悔したときに気が楽になるでしょう。

40代には無縁!?転職後に断った内定を後悔する

転職活動において複数社内定をもらった場合、当たり前ですが、入社する会社以外は他社を辞退することになります。この場合は、比較することができるため、ある程度納得した判断もできますが、志望度の低い企業一社からのみ内定をもらったときに辞退するかどうかは、とても悩みます。

これは私も経験がありますが、辞退後に他社からなかなか内定がもらえず、転職活動が長期化し、結果的に妥協して転職し、内定を辞退した企業へ入社しておけば良かったと後悔しました。

このような後悔をしないためには、できるだけ求人企業への応募は同時進行させる必要があります。しかしこれもなかなか、難しいのが現実です。企業によって選考プロセスや期間が異なるためです。

ただ、40代転職の場合、実はこのような悩みに遭遇することは無いかもしれません。複数社内定をもらうこと自体が難しい可能性が高いためです。なかなか決まらない40代転職活動においては、悲しいかな、内定辞退の後悔というのは無縁かもしれません。

40代まで転職しなかったことを後悔する

転職を成功させることができるかどうは、年齢は大きなポイントです。私は30代前半から40代前半まで一つの企業で働いていました。しかもブラック企業です。

我慢強い性格でありで、逃げるかたちで転職はしたく無いという変な考え方があったからかもしれませんが、同僚が40代を前に次々と転職していく中、転職を考えることも無く会社に勤めていました。

最終的には43歳で転職することになったのですが、40代で転職活動を行う中で、後悔したのはもっと早く行動しておくべきだったという、この一点です。40代という年齢的な不利な条件は想像以上のものがありました。

40代転職が、会社のリストラ等ではなく、自らの意志で行っている方々はこの後悔を痛感しているのではないでしょうか。すでに40代の方は、後悔しても仕方が無いため、とにかく「今から」早く行動を起こしていくことに尽きるでしょう。

後悔しないために納得した40代の転職を

私の経験を含め、ありがちな転職における後悔する理由をご紹介してきました。転職は後悔や失敗するリスクもつきものです。転職という手段をとらず、今、勤めている会社で自ら不満を改善でき、やりがいをもって仕事をできるのであれば、それに越したことは無いと思いますが、なかなか、そううまくはいかないのが現実ですよね。

40代転職は最後の転職になる可能性も高いため、後悔しない転職にする必要があります。そのため、年齢的には厳しい転職活動が強いられますが、できるだけ情報収集を行い、妥協しない転職にする必要があるのでは無いでしょうか。

最終的に転職するかどうは転職先を決めてからでも良いわけですので、40代を最後の転職チャンスと捉えて、行動してみるのがおすすめです。あのとき転職活動しておけばよかったと後悔しないためにも。

転職における情報収集には、人材紹介会社(転職エージェント)の利用がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました