転職迷う40代へ、迷っている時間は無い!

迷う仕事と貯蓄

私は40代で転職を成功させることができましたが、30代後半から転職は迷いの連続でした。このまま今の会社でいいのか?今さら転職して何か変わるのか?転職して年収下がったらどうする?そもそも希望通りの転職はできるのか?など。

そうして迷っている間にも、同僚たちは次々と転職していきました。また同世代の友人も40代で転職し、大幅な年収アップを実現した話などを聞くと、正直羨ましい限りでした。アラフォーで転職を迷っているあなたへアドバイスです。『迷っている時間はありません!』

スポンサーリンク

40代転職の迷う理由

私は4度の転職を経て今の会社に落ち着いていますが、転職を決意するのは迷いがつきものですよね。また、転職する世代によっても迷いの要因は多少異なります。40代ではどのような要因で転職に迷いが生じるのでしょうか。

  • 転職できるとするなら今しかないのでは無いか。
  • この年齢で転職できるのだろうか。
  • 年収が下がって家族を養えなくなったらどうしよう。
  • 転職後の会社の仲間に受け入れられるだろうか。
  • 今まで培ったスキルやキャリアが転職後の会社で通用するだろうか。

など

私も40代転職は、さんざん迷いました。40代での転職は簡単なものではなく、厳しくなるのは分かっていましたので、失敗が許されません。特に結婚して、子供もいる状況ですので、転職失敗が家族の不幸につながります。

前職ではブラック企業に勤めていましたので、入社して逃げるようにすぐに退職していく人たちをたくさん見てきました。その中には40代で子供もいる人たちもいました。彼らのことを身近に見てきただけに、転職に対する迷いがより一層強くなったのかもしれません。

転職しなくても迷う?

私の場合、40代転職で迷いはあったものの、それを上回るだけの苦痛がありました。今の会社のままで仕事をし続けることの方が、自分にとって、また家族にとってリスクであると、最終的に判断したため、転職に踏み切りました。

気づきましたか?迷いとは転職という変化にも生じますが、転職しないという現状維持の判断にも迷いが生じるのです。つまり転職が頭をよぎった時点でこの二者の迷いが生じるんです。この迷いや不安っておそらく打ち消すことはできないんだろうと思いますよ。

40代転職の迷っている時間はリスクを拡大させる

私は30代後半から転職を考えるようになりました。ブラック企業勤めということと、会社の業績不振ということもあって精神的にはかなり疲弊していました。しかし、どうしても転職に対する迷いが払しょくできませんでした。

不思議なもので仕事が忙しいと、転職や将来の不安を考える暇もなく仕事に集中するため、転職を決意できなかったのかもしれません。これはブラック企業社員のあるあるかもしれませんね。

そうやって転職に迷っている間に、同世代の同僚は次々と転職していきました。結果、どうなったかというと会社の状況はさらに悪化、年齢も無駄に重ねることになってしまいました。あの時もっと早く転職を決意しておけば良かった、そんな風に思う日々がやってくるのでした。

アラフォーの転職は、40代よりも30代のほうが圧倒的有利です。40代の場合、後半よりも前半のほうが有利です。とにかく時間を無駄に過ごすことができません。転職を迷っている時間が、この転職における年齢的に不利な状況を拡大させて、転職失敗のリスクを増大させてしまうのです。

40代転職は迷っている間にチャンスを逃す

ひと昔前と違って、40代でも転職市場は活況です。総務省の労働力調査では、2018年の転職者329万人のうち、45歳以上の人は124万人で全体の約38%を占めているという結果があるほどです。

40代の転職市場について書いた記事はこちらからどうぞ

しかし、40代転職に迷っている時間はありません。いつまた不況になり、転職市場が冷え込むかは分かりません。今は好景気と言われており、どの業界も人手不足の状況です。若手が集まらない企業は年齢的な制限を緩和しつつあります。つまり40代転職も大きなチャンスなのです。

転職に迷いが生じるのはとても共感できますが、時間がもったいないです。40代で少しでも転職を考えているのであれば、なるべく早く行動すべきです。迷うのは転職活動中や内定をもらってからでも遅くは無いはずです。

40代転職の迷いについて、転職のプロである転職エージェントに相談してみるのも良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました